冬想う 夏のヒマワリ

この記事は1分で読めます

 夏の花「ヒマワリ」をアップした。
3月に入ったものの寒さが一段と厳しい。
日本海側の新潟ではこの時期も日中は灰色の世界。
空は濃淡様々な形の雲が幾重にもなり、低く垂れ込め、
街を歩く人々の服装も心なしか控えめだ。
 暗い夜空から真綿色の雪の螺旋階段を滑り降りてくるようなさまは情緒があり
風情を感じさせるが、たいがいはそんなことより明日の雪かきで頭がいっぱい。
肌をさす吹雪に身をかがめて過ごすうち、巡りくる春の訪れさえ忘れてしまう。
まして夏は夢のまた夢。その夢をみてたい。
 津南町 沖の原台地にて 35ミリレンズ 撮影年月日不明

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

このサイトについて

NikonF5にFUJIFILMのRVP100詰めて、「ホントはデジタルカメラも良いんだけど」、という素振り一つ見せずアナログ道を突き進んでいる。 身近な自然をテーマにしているが、これは裏を返せば遠くへ出掛ける経済的余裕が無い事を言っているのに等しい。 そんなヘンテコ親父の撮影日記です。

アーカイブ

おすすめ記事

  1. 2019.10.26

    秋色 枯草色
  2. 2018.02.16

    凍吹雪
  3. ReversalFilm NikonF3 

    2019.10.05

    夜明けの炎雲
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。