冬想う 夏のヒマワリ

夏の花「ヒマワリ」をアップした。

3月に入ったものの寒さが一段と厳しい。

日本海側の新潟ではこの時期も日中は灰色の世界。

空は濃淡様々な形の雲が幾重にもなり、低く垂れ込め、街を歩く人々の服装も心なしか控えめだ。

暗い夜空から真綿色の雪の螺旋階段を滑り降りてくるようなさまは情緒があり風情を感じさせるが、たいがいはそんなことより明日の雪かきで頭がいっぱい。

肌をさす吹雪に身をかがめて過ごすうち、巡りくる春の訪れさえ忘れてしまう。

まして夏は夢のまた夢。その夢をみてたい。

津南町  35ミリレンズ 撮影年月日不明

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

春の三姉妹

ダイヤをまとったナンキンハゼ

関連記事

  1. アメリカ コハクチョウ

    年明けから一度もシャッターを押していない。休みの間は午前中の早い時間…

  2. この蕾は一体どこに

    写真は7日、記事は今日14日この桜の蕾がどうなったか・・・1…

  3. 葉っぱが動く?

    山の入り口を歩いていたら、葉っぱが動いた。すぐに立ち止まって、その方を見や…

  4. チューリップ畑

     ようやく雪が降り始めた。新潟市内も白く雪化粧している。あれほど“暖冬”と言…

  5. 蕗と苔

    ただでさえ湿ったその場所は前夜の雷を伴った激しい雨のせいで、たっぷりと雨水を…

  6. 誕生だね オオヤマトンボ

    彼は私という人間に見つかって、さぞ胡散臭かっただろう。「これ…

  7. 白花かたくり

     今年も昨年と同じ場所で白花カタクリが咲いてくれた。いともあっけなく見つけた…

  8. 開花後のカタクリ

    2012年4月24日 角田山、五箇峠登山口駐車場6時着。既に5割程度の車あ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。