夏の名残

 蝉の抜け殻が枯れ葉と一緒に風に揺れている。
夏が名残惜しそうにそこに居座っているみたい。
半日仕事を終えた太陽の沈みゆく西日の中でシルエットで浮かび上がった。
抜け殻の持ち主の蝉はどんな一生を送ったのだろ。
無事、子孫を残し終えたのだろうか・・。
 ところで蝉の幼虫は何と呼んでいますか?
私が産まれ育った下越地方では「モゾモゾ」と呼んでいます。
夏の夕刻、地面にあいた小指ほどの小さな穴を見つけると指先で少しほじって
穴を広げ、細い木の枝を指します。そして水を流し込んで出てくる「モゾモゾ」
を捕まえていました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

初めて見た 鳥屋野潟の朝焼け

福島潟 黎明

関連記事

  1. パッチワーク

     「まるで、パッチワークだ」「やっと見つけた・・」落ち葉の広場を何度も行った…

  2. 落ち葉とロングドレス

    2015年11月15日(日)撮影雨脚が弱まって、公園に行ってみると、誰もい…

  3. 清まし顔の黄花かな

     鳥屋野潟公園「流れ」の小径沿いですね。この公園は散歩にジョギングにバードウ…

  4. 消えたカマキリの卵

    2015年12月20日(日)撮影 ロウバイの林の中、カマキリの卵を幾つか見…

  5. 人知れず野ブドウの実

    鳥屋野公園では岸辺の茂みの中に多く見かけますが、興味の無い方はまず気づかない…

  6. バッタのかくれんぼ

     夜明け前、激しい雨。新潟市内ところどころ道路が冠水した。なのに今は外は明る…

  7. なびく水面、なびかない頭髪

    2015年9月24日(木)撮影 風があります。カメラのストラップが右から左へ…

  8. 知らず白む鳥屋野潟

    撮影は5月1日になります。「太陽は雲の向こうでとっくに昇っているのに、今日…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。