夏の名残

蝉の抜け殻が枯れ葉と一緒に風に揺れている。

夏が名残惜しそうにそこに居座っているみたい。

半日仕事を終えた太陽の沈みゆく西日の中でシルエットで浮かび上がった。

抜け殻の持ち主の蝉はどんな一生を送ったのだろ。

無事、子孫を残し終えたのだろうか・・。

ところで蝉の幼虫は何と呼んでいますか?

私が産まれ育った下越地方では「モゾモゾ」と呼んでいます。

夏の夕刻、地面にあいた小指ほどの小さな穴を見つけると指先で少しほじって穴を広げ、細い木の枝を指します。そして水を流し込んで出てくる「モゾモゾ」を捕まえていました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

初めて見た 鳥屋野潟の朝焼け

福島潟 黎明

関連記事

  1. 水面の目覚め

    撮影の実際穏やかな水面に朝焼けが映えて、魅せられてしまいました。目を凝ら…

  2. 朱色に染まる鳥屋野潟

    台風10号の置き土産ですね(16日)。GRⅡで撮影した画像は投稿済みでし…

  3. 深緑と江戸紫

     葉の色艶や高貴な色合いの紫玉、加えて煩雑な枝が映り込まないとなると、何とし…

  4. 縦位置にしたら「男鹿半島」が見えたような

    8月3日の鳥屋野潟ですね。右側(南)からジワジワ攻め込んでく…

  5. 謎の”X”

    2015年6月21日(日)撮影 午前6時、鳥屋野潟公園かめ吉田んぼ脇観察池の…

  6. 秋雨と蟷螂

     『蟷螂』・・何でこんな漢字?読めても、書けない漢字である。書けなくてもさし…

  7. 赤と黒の鳥屋野潟

     藪の中で人影が動いているとなると間違いなく不審者扱いされる。4時前、出来る…

  8. アルビカラー・ビッグスワン 

    2015年9月2日(水)撮影ニコンレンズ“AiED180F2.8s ”がお…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。