夏の名残

蝉の抜け殻が枯れ葉と一緒に風に揺れている。

夏が名残惜しそうにそこに居座っているみたい。

半日仕事を終えた太陽の沈みゆく西日の中でシルエットで浮かび上がった。

抜け殻の持ち主の蝉はどんな一生を送ったのだろ。

無事、子孫を残し終えたのだろうか・・。

ところで蝉の幼虫は何と呼んでいますか?

私が産まれ育った下越地方では「モゾモゾ」と呼んでいます。

夏の夕刻、地面にあいた小指ほどの小さな穴を見つけると指先で少しほじって穴を広げ、細い木の枝を指します。そして水を流し込んで出てくる「モゾモゾ」を捕まえていました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

初めて見た 鳥屋野潟の朝焼け

福島潟 黎明

関連記事

  1. 紅差す鳥屋野潟

     金星が東の空低く輝いている中、闇夜が静かに割れていく。星を撮影しようと上沼…

  2. 葉っぱのピアノ

    “葉っぱのピアノ”の前でまさに鍵盤を叩こうとするカマキリに出会った。その目…

  3. アナタに花束をあげよう

    RICOH・GRⅢスポーツ公園内の小径を歩いてたら目の前にデロンと現れた…

  4. どうしちゃったんだろ・朝焼け

    RICOH・GRⅢ4月下旬から出勤前の朝焼け撮影を再開してるが、「おぉ~…

  5. 夜明け前

    2015年9月下旬撮影/鳥屋野潟・上沼橋から 掲載写真は真北の方向で、遠く見…

  6. 5日の夜明けと娘の願い

    あんまり口を聞いてくれない娘が「コンクール来てもいいよ」と話しかけてきた。…

  7. その名は「マサキ」

    午後、会社から戻り鳥屋野公園亀キチ清潟池に行く。「柾」の実の…

  8. 鳥屋野潟・水上花火

    梅雨の中休みに現れる朝焼けはかなりダイナミックと個人的には思っている。…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。