夏の名残

蝉の抜け殻が枯れ葉と一緒に風に揺れている。

夏が名残惜しそうにそこに居座っているみたい。

半日仕事を終えた太陽の沈みゆく西日の中でシルエットで浮かび上がった。

抜け殻の持ち主の蝉はどんな一生を送ったのだろ。

無事、子孫を残し終えたのだろうか・・。

ところで蝉の幼虫は何と呼んでいますか?

私が産まれ育った下越地方では「モゾモゾ」と呼んでいます。

夏の夕刻、地面にあいた小指ほどの小さな穴を見つけると指先で少しほじって穴を広げ、細い木の枝を指します。そして水を流し込んで出てくる「モゾモゾ」を捕まえていました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

初めて見た 鳥屋野潟の朝焼け

福島潟 黎明

関連記事

  1. ウマノスズクサは生きていた

    夏場、ジャコウアゲハの産卵シーンを偶然目撃し、携帯のカメラで記録して後で…

  2. 一人の時間 川の流れ

    雪の積もった階段。そのフォルムは川の流れと感じた。とうに夜が明けて遠くから…

  3. 北風と春陽

    陽の光が気になり出してきた。日の出時刻はいつの間にか6時半前…

  4. 鳥屋野潟・水上花火

    梅雨の中休みに現れる朝焼けはかなりダイナミックと個人的には思っている…

  5. 綿毛

    2015年4月26日(日)撮影 鳥屋野潟公園”流れ”の小径脇。岸辺の土手近く…

  6. 黄色い夜明け

    先ほど会社から帰ってきた。14時間は会社にいた。それでいて土日も仕事だから…

  7. 雨雲がすだれて朱に染まる

    今朝の鳥屋野潟です。日の出が近づくにつれ、雲のエッジが際立っ…

  8. 夜の終わり/鳥屋野潟

    依頼してから、なか一日でリバーサルフィルムの現像が出来上がった。早速受取に…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。