夏の名残

蝉の抜け殻が枯れ葉と一緒に風に揺れている。

夏が名残惜しそうにそこに居座っているみたい。

半日仕事を終えた太陽の沈みゆく西日の中でシルエットで浮かび上がった。

抜け殻の持ち主の蝉はどんな一生を送ったのだろ。

無事、子孫を残し終えたのだろうか・・。

ところで蝉の幼虫は何と呼んでいますか?

私が産まれ育った下越地方では「モゾモゾ」と呼んでいます。

夏の夕刻、地面にあいた小指ほどの小さな穴を見つけると指先で少しほじって穴を広げ、細い木の枝を指します。そして水を流し込んで出てくる「モゾモゾ」を捕まえていました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

初めて見た 鳥屋野潟の朝焼け

福島潟 黎明

関連記事

  1. ユスリカと朝焼け

    2015年6月5日(金)撮影早朝4時前に上沼橋に到着。冷たい風が…

  2. 澄んだ大気

     上沼橋、午前4時。不純物さえ感じない大気。風が無いせいか寒くはない。葦原で…

  3. 藪の中 マユミの実

    2013年12月1日正式にはスポーツ公園、長潟の森地区。公園柵ぎ…

  4. 半分、赤い・・鳥屋野潟

    なんだか、“半分、赤い”焼ける前から雲の動きを見ていて「これは半分だ…

  5. ちょっと待った!カマキリ

    8月下旬頃からカマキリをよく見るようになった。時期的に彼らの生活上、大きな…

  6. 露草色

    2015年8月中旬撮影 見れば見るほど、吸い込まれるほど清楚で瑞々しい青なの…

  7. 杭とサギ

    2015年5月30日(土)撮影既に掲載済みの”光る雲”の約1…

  8. ヤマトシジミちゃん

    2015年8月30日(日)撮影ヤマトシジミ。小っちゃい。翅の表は…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。