霜花・タカアザミの終い花に霜が降りていた・最後の枯姿

昨日は多くの方から励ましのコメントやメッセージを頂き、有り難うございました。じっくり養生して体力の回復を図ります。

さて、掲載写真ですが、これはタカアザミの枯れ花です。

全体の三分の一ぐらいが雪に埋まっている状態で、花垂れの部分だけが凍てつく大気に晒されていたのですが、「枯れた姿もいいじゃない?」と、朝日が当たり始めた頃合いを見計らって撮影してみました。

生きていた間は蝶やら昆虫やら様々な生き物で着飾っていた花達も役目を終えたいま、朽ち枯れて、大地の肥やしに戻っていくわけだ。

その枯れ姿に動揺したかな。

・・なんと言えばいいのかな・・・

RVP100 AI Micro-Nikkor 105 f/4s NikonF5  1月29日撮影

[ad#co-1]

  • follow us in feedly

閉ざす冬潟・急性出血性胃潰瘍で緊急入院・外の空気はイイ!

朝陽沸く・カチコチと湖面の氷が割れる音が聞こえてきた

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

PAGE TOP

とみとみの新潟フォトブログをもっと見る

今すぐ購読し、続きを読んで、すべてのアーカイブにアクセスしましょう。

続きを読む