アメリカ コハクチョウ

年明けから一度もシャッターを押していない。

休みの間は午前中の早い時間のみ近くの公園やら、福島潟へ出掛けたが、カメラを携えておきながら「おや?」という瞬間に出会えていない。

これは多分に正月ボケなんだろうな。普段の休みに比べそれなりにゆるい時間を享受しているもんだから、頭の回路が狂っているのかも知れない。

昨日、鳥屋野潟公園からスポーツ公園ながたの森辺りまで散策した。

朝が早かったせいと、雨がぱらつき風もある、それになんだか寒い・・そのせいか、人がほとんどおりません。

ロウバイが満開でした。木々の中に顔を埋め込んで香りを嗅いでみました。

風がやんで、ちょっとすると・・しますね~・・クンクン・・いい香りです。

梅の蕾がほころんでいます。ネコヤナギも白いうぶ毛が殻の間から覗いてます。

冷たい雨に洗われ、黒光りする樹肌を撮影しようと考えていましたが、光が弱すぎました。木の肌を濡らしているその水の表面が風で揺らぎます。

・・・そんなことで観察のみで終わってしまった。

掲載写真は昔ブログで紹介しているかも知れませんが、再スキャンした。

割れた氷の隙間にやって来たのはコハクチョウ・・続いて・・「・・ん?」

アメリカコハクチョウ・・。なんだかほんのりしたカップルに見えたかな。

ReversalFilm  600㎜  NikonCamera  新発田市・五十公野公園

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

yellow tower

雪崩れるビッグスワン

関連記事

  1. 猩々緋の猩々袴

    ほんもの”猩々緋“のショウジョウバカマ。「漢字で“猩々袴”とあてなが…

  2. 息を吹き返した終い花

    カキツバタの終い花に黄緑色した命が宿った。風が吹いて右に左に、時に前…

  3. 鳥居と大コブシ

    春、花が咲いたら撮ろうかな・・三度ほど下見に来てて、「ヨッシャ~、今…

  4. 見得を切るハラビロ

    獲物に飛びかかろうとした矢先に僕に見つかってしまったカマキリは新潟市…

  5. 干潟のツルシギ(秋)

     秋の瓢湖に飛来したツルシギ。北側の沼地で撮影した。まだ池が造成される前と記…

  6. キイトトンボ

    この時期、よく目にするトンボ。草むらを進んでいくと湧き出るように舞い上がる。…

  7. 春が来た・バンザ~イ!

    RICOH・GRⅢそんなに太陽の陽が欲しいんか?葉っぱ まだ伸びきっ…

  8. アズマイチゲ

     3月29日、福島潟での撮影の後、鷹巣キャンプ場へ。約1年ぶりの訪問です。年…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。