アメリカ コハクチョウ

年明けから一度もシャッターを押していない。

休みの間は午前中の早い時間のみ近くの公園やら、福島潟へ出掛けたが、カメラを携えておきながら「おや?」という瞬間に出会えていない。

これは多分に正月ボケなんだろうな。普段の休みに比べそれなりにゆるい時間を享受しているもんだから、頭の回路が狂っているのかも知れない。

昨日、鳥屋野潟公園からスポーツ公園ながたの森辺りまで散策した。

朝が早かったせいと、雨がぱらつき風もある、それになんだか寒い・・そのせいか、人がほとんどおりません。

ロウバイが満開でした。木々の中に顔を埋め込んで香りを嗅いでみました。

風がやんで、ちょっとすると・・しますね~・・クンクン・・いい香りです。

梅の蕾がほころんでいます。ネコヤナギも白いうぶ毛が殻の間から覗いてます。

冷たい雨に洗われ、黒光りする樹肌を撮影しようと考えていましたが、光が弱すぎました。木の肌を濡らしているその水の表面が風で揺らぎます。

・・・そんなことで観察のみで終わってしまった。

掲載写真は昔ブログで紹介しているかも知れませんが、再スキャンした。

割れた氷の隙間にやって来たのはコハクチョウ・・続いて・・「・・ん?」

アメリカコハクチョウ・・。なんだかほんのりしたカップルに見えたかな。

ReversalFilm  600㎜  NikonCamera  新発田市・五十公野公園

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

yellow tower

雪崩れるビッグスワン

関連記事

  1. キクザキイチゲ紫花

    関川村鷹巣キャンプ場です。ここに来ると気持ちがワクワクする。母のふるさと…

  2. 雨蛙・祈りの時間

    『梅雨待ち雨蛙』をイメージして撮影に出掛けたが、『梅雨待ち』というよ…

  3. ユズリハとヒヨドリ

    ユズリハは冬の野鳥たちにとって、願ってもないシェルターでしょう。あら…

  4. 砂の惑星

    RICOH・GRⅢ石じゃなくて砂だね(コンクリートです)。寄せる波、…

  5. 記憶の中の消毒槽

    acros100Ⅱ cosina voigtlander ultron 40…

  6. 蕾の中のチビバッタ

    膨らみかけた蕾の中にチビバッタを見つけた。フキバッタ・・と呼ぶらしい…

  7. 大きさ10円玉・ハッチョウトンボ

    日本最小のトンボ、ハッチョウトンボの♂。何処か…

  8. 汗の数だけ米になる

    「汗の数だけ米粒に成るんだ」・・夏場に撮影に立ち合った農家の方が何気に発した…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。