アメリカ コハクチョウ

年明けから一度もシャッターを押していない。

休みの間は午前中の早い時間のみ近くの公園やら、福島潟へ出掛けたが、カメラを携えておきながら「おや?」という瞬間に出会えていない。

これは多分に正月ボケなんだろうな。普段の休みに比べそれなりにゆるい時間を享受しているもんだから、頭の回路が狂っているのかも知れない。

昨日、鳥屋野潟公園からスポーツ公園ながたの森辺りまで散策した。

朝が早かったせいと、雨がぱらつき風もある、それになんだか寒い・・そのせいか、人がほとんどおりません。

ロウバイが満開でした。木々の中に顔を埋め込んで香りを嗅いでみました。

風がやんで、ちょっとすると・・しますね~・・クンクン・・いい香りです。

梅の蕾がほころんでいます。ネコヤナギも白いうぶ毛が殻の間から覗いてます。

冷たい雨に洗われ、黒光りする樹肌を撮影しようと考えていましたが、光が弱すぎました。木の肌を濡らしているその水の表面が風で揺らぎます。

・・・そんなことで観察のみで終わってしまった。

掲載写真は昔ブログで紹介しているかも知れませんが、再スキャンした。

割れた氷の隙間にやって来たのはコハクチョウ・・続いて・・「・・ん?」

アメリカコハクチョウ・・。なんだかほんのりしたカップルに見えたかな。

ReversalFilm  600㎜  NikonCamera  新発田市・五十公野公園

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

yellow tower

雪崩れるビッグスワン

関連記事

  1. 見逃してしまいそうな春・カタクリ

    やばい、はやい、こわい!どんだけ地面から突き出ているんだろう?とその成長を…

  2. ほんのりと赤ら顔の岩鏡

    撮影の実際山影が少しずつ消えてきて、このイワカガミにも陽があたり始めました…

  3. 稲穂とノビタキ

    過去写真 初掲載 稲刈りの時期を迎えると野鳥達の世界は”秋の渡り”を迎えます…

  4. 猩々緋の猩々袴

    ほんもの”猩々緋“のショウジョウバカマ。「漢字で“猩々袴”とあてなが…

  5. 釣れたのは鯛ではなく亀だった・・

    ACROS 100Ⅱ Ai-Micro Nikkor 105f/4 Niko…

  6. やって来たのは・・亀だった

    林の縁がユサッと揺れた。視線を注入し、更に露出した肌をアンテナにして、事…

  7. ルリタテハ / 翅裏は・・?

    タテハ蝶の仲間、ルリタテハ。表の翅は濃紺の下地に瑠璃色のラインが鮮烈なまでに…

  8. カマキリの横睨み

    やっとこさ、オオハナアブを摑まえた。よく頑張った。立…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。