yellow tower

以前に一度掲載した事があるが、今回は別ポジを改めてスキャンした。

フィルムのスキャン方法や適切な画質モードも理解せず、「何が何でも高画質、高解像度」てなことに拘っていたが、それは間違いであることにようやく気づき始めた(歳とってくると理解するのに時間がかかる!)。

2014年のポジフィルムの整理は遅々として進まない。

マスクして、制電防止用の手袋して、フッ素コート仕上げのハサミでポジとポジの間の黒溝にメス?を入れていくのだが、あの作業は緊張する。

時々ポジ原板の乳剤面を傷つけてしまい「ンギャァ~ッ」と叫んでしまう。

写真は福島潟の“竜巻ハウス”。2013年の暮れから2014年1月にかけてメチャクチャ撮影した記憶がある。

長時間露出の最中、渡り通路の下の道路を車が通る度、振動で撮影中止。

闇夜の中、「車が来ないように!」と祈りながら数秒間シャッター幕を開けていたのだが、その間自分の微妙な身体の動きにさえ気を遣い過ぎ、呼吸まで止めていた。

この写真を観ると息苦しくなるのはそのせいか?

RVP100 AI Micro-Nikkor 55 f/2.8s NikonF5

*屋上で鴈観察会がある時に建物に明かりが灯っていた気がするんだが。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

春待つシジュウカラ

アメリカ コハクチョウ

関連記事

  1. 澄まし顔のベニちゃん

     リオ・オリンピックで体操内村が金メダルを獲得した。「E難度技」の連続で、目…

  2. 冬の朝焼け

    冬至を過ぎて迎えた最初の日曜日、五頭山系の山の端が赤く膨らんだ。…

  3. 凍える朝

     前述の掲載写真に続き、レンズを替えてパシャリ。持っているレンズは単焦点のマ…

  4. 切ないタカアザミ

    タカアザミの花は頭を垂れて咲くのが当たり前なのですが、この時は「寒く…

  5. 枯れ葉?

    『オーレリアンの庭 今森光彦 四季を楽しむ里山の暮らし』というNHKのドキュ…

  6. 蒼の福島潟

    夜が明けていく  朝の始まりは蒼一色静かな福島潟が広がってい…

  7. 染まる田んぼ

    撮影の実際3年前の5月上旬に撮影しています。福島潟“竜巻ハウス”駐車場脇の…

  8. 夜明けの岸辺

    闇の中で大地に蓋をするように漂っていたのは放射霧だった。その中を通って湖畔…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。