狐色の実

振り向く人も、まして、足を止めて覗き込む人もなく、氷雨に濡れる狐色の小さな実・・その名はヘクソカズラ

漢字にすると“屁糞葛”・・余計に切なくなってきます。

おちょぼ口風の小さな花からは想像もつかない名前だ。たぶん花の可憐さも吹き飛ぶほどの強烈な臭いなんだろうな。

オイラは試した事がないが、生長が著しい夏場、折り曲げたり、組織を傷つけたりしたその指を嗅ぐと、生臭く腐った臭いがするらしい。

「臭いが形で見えるんだよ~!」それほど強烈ってことなんだろう。花言葉にいたっては“人嫌い”。どんだけ人を近づけたくないのかな。

“人嫌い”の実の前で雨が止んで、辺りが明るくなるまで待ってみた。

時間にして2時間近く。8時頃に見つけた後、雨がザ~と降り出して、9時頃に落ち着いたり、また降ったり。10時頃に止んで、明るくなって、その時に、レフ板を下に置いて撮影したのでありました。

“人嫌い”でもこの時ばかりは狐色した実を美しく見せてくれたかな。

RVP100 AI Micro-Nikkor 105 f/4s NikonF5 12月18日撮影

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

blue moment

落ち葉のカタチ

関連記事

  1. 朝焼け

    新潟市・鳥屋野潟(上沼橋から)写真は6月29日の朝焼け。…

  2. 黄花とカマキリの卵

    2015年10月12日(祝)撮影 セイタカアワダチソウにカマキリの“卵”がた…

  3. 鳥屋野潟・くすむ青

    本日6月21日の朝焼けはちょっと興奮した。早めに起きていながら雲が多くて、…

  4. 雨のツユクサ

    2015年8月30日(日)撮影 雨が降り続いていて肌寒い。今までのあの暑さは…

  5. 朽ちて 尚も匂い立つ 椿かな

    ソメイヨシノの蕾の状態を確かめに鳥屋野潟公園に出向くも掃き寄せられた落ち…

  6. 寸光

    他人との繋がりに“疲労”を感じる時があります。届いたメールの返事が遅れると…

  7. 人知れず野ブドウの実

    鳥屋野公園では岸辺の茂みの中に多く見かけますが、興味の無い方はまず気づか…

  8. 朝焼と空き缶

    2016年4月23日(土)午前4時40分撮影日ごろの習慣で目が覚める…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。