狐色の実

振り向く人も、まして、足を止めて覗き込む人もなく、氷雨に濡れる狐色の小さな実・・その名はヘクソカズラ

漢字にすると“屁糞葛”・・余計に切なくなってきます。

おちょぼ口風の小さな花からは想像もつかない名前だ。たぶん花の可憐さも吹き飛ぶほどの強烈な臭いなんだろうな。

オイラは試した事がないが、生長が著しい夏場、折り曲げたり、組織を傷つけたりしたその指を嗅ぐと、生臭く腐った臭いがするらしい。

「臭いが形で見えるんだよ~!」それほど強烈ってことなんだろう。花言葉にいたっては“人嫌い”。どんだけ人を近づけたくないのかな。

“人嫌い”の実の前で雨が止んで、辺りが明るくなるまで待ってみた。

時間にして2時間近く。8時頃に見つけた後、雨がザ~と降り出して、9時頃に落ち着いたり、また降ったり。10時頃に止んで、明るくなって、その時に、レフ板を下に置いて撮影したのでありました。

“人嫌い”でもこの時ばかりは狐色した実を美しく見せてくれたかな。

RVP100 AI Micro-Nikkor 105 f/4s NikonF5 12月18日撮影

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

blue moment

落ち葉のカタチ

関連記事

  1. 101

    2015年10月31日(土)撮影何時になく薄暗い日曜早朝。雨がしとし…

  2. その名は「マサキ」

    午後、会社から戻り鳥屋野公園亀キチ清潟池に行く。「柾」の実の…

  3. 「大したことない」朝焼け

    「なんだ、大したことないんだな」・・周りに聞こえる声に振り向いた。上沼橋の…

  4. 久々の2連休はこんな朝から始まった

    道路脇に捨てられたゴミ、「そのままほっといていいのかな?」なんて考えてしまっ…

  5. 清めてくれた鳥屋野潟

    三脚を体に対し水平(十字クロス)に横持ちし、葦原の中を進んでいく。…

  6. 赤の刻

    16日の鳥屋野潟、夜明け前の姿です。Facebookでは当日にGRⅡ…

  7. ビッグスワン、強烈な朝焼け

    薄い桃色が次第に濃くなり、朱色に変わり、やがて赤味が増して、そのピー…

  8. 空も湖面も真っ赤か

    夜明けが近づいて、覆う雲が次第に薄れてきたとは言え、街の向こう、遠く見えるは…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。