狐色の実

振り向く人も、まして、足を止めて覗き込む人もなく、氷雨に濡れる狐色の小さな実・・その名はヘクソカズラ

漢字にすると“屁糞葛”・・余計に切なくなってきます。

おちょぼ口風の小さな花からは想像もつかない名前だ。たぶん花の可憐さも吹き飛ぶほどの強烈な臭いなんだろうな。

オイラは試した事がないが、生長が著しい夏場、折り曲げたり、組織を傷つけたりしたその指を嗅ぐと、生臭く腐った臭いがするらしい。

「臭いが形で見えるんだよ~!」それほど強烈ってことなんだろう。花言葉にいたっては“人嫌い”。どんだけ人を近づけたくないのかな。

“人嫌い”の実の前で雨が止んで、辺りが明るくなるまで待ってみた。

時間にして2時間近く。8時頃に見つけた後、雨がザ~と降り出して、9時頃に落ち着いたり、また降ったり。10時頃に止んで、明るくなって、その時に、レフ板を下に置いて撮影したのでありました。

“人嫌い”でもこの時ばかりは狐色した実を美しく見せてくれたかな。

RVP100 AI Micro-Nikkor 105 f/4s NikonF5 12月18日撮影

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

blue moment

落ち葉のカタチ

関連記事

  1. 杭とサギ

    2015年5月30日(土)撮影既に掲載済みの”光る雲”の約1…

  2. 不安な夜明け・鳥屋野潟

    4日、5時6分の鳥屋野潟。台風が接近している時の夜明けは、時…

  3. 潟すすき

    2015年9月22日(祝)撮影鳥屋野潟の朝焼けですが今回は秋…

  4. 朝露キラリ・紅しじみ

    小っちゃな露玉を宝石のように散りばめた紅しじみとエノコログサ・・と書いた…

  5. 春先の気候の変化は心の変調?

    マラソンに参加する選手、この寒さをどう耐えているんだろうな(17日の話)。…

  6. 消えたカマキリの卵

    2015年12月20日(日)撮影 ロウバイの林の中、カマキリの卵を幾つか見…

  7. ヒメジャノメ

    主役のヒメジャノメ(姫蛇目)には悪いが、背景のボケ具合に妙にムラムラきた。…

  8. 黄色い夜明け

    先ほど会社から帰ってきた。14時間は会社にいた。それでいて土日も仕事…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。