カモシカの足跡かも

2012年4月7日
 鷹巣キャンプ場。
まだ、積雪40㎝、出入り口は雪の壁。
それだけ今冬は豪雪だった。
 まさに一歩一歩踏み固めるように前進。
樹幹周りの雪だけがキレイに丸く溶けている。
それを見てホッとした。「春が近づいている」と。
地肌が覗いた斜面をじっくり観察するとゼンマイ、カタクリの葉、
フキノトウがちょっぴり顔を覗かせていた。
 そのまま、観察続行。やがてカモシカの糞発見。
かなり新鮮だ。そして久しぶりのカモシカの足跡。
私に気づいてこの場所を離れたのだろうか。
だとしたら申し訳ないな。ここでは人間が侵入者。
 数十年前、ここで地面をえぐってカタクリの根を探しては
食べていた大きなカモシカに出会ったことがある。
あいつかな。それともその子孫かな。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

嵐の予感

春待つカタクリ

関連記事

  1. 朝露トンボ

    RVP100 Ai-Micro Nikkor 105f/2.8s Nikon…

  2. サンカヨウ・新潟県阿賀町

    光と戯れるサンカヨウの花

    紛れもないサンカヨウ(山荷葉)です。この花と出会うと「山の中…

  3. 寄り添う春

    2016年3月下旬撮影陽気に誘われて関川村鷹巣キャンプ場にや…

  4. 真綿色の帽子とセーター

    ACROS100Ⅱ Ai-Micro Nikkor 105f/4 Nikon…

  5. 秋の終わりにアキノキリンソウ

    紅葉を忘れ、剥がれ落ちた木々の葉が浮かぶ池の畔は全てが枯茶。…

  6. 落ち葉とフキノトウ

    2014年4月(昨年です) 関川村鷹巣キャンプ場にて撮影 今年のフキノトウの…

  7. 猩々緋の猩々袴

    ほんもの”猩々緋“のショウジョウバカマ。「漢字で“猩々袴”とあてなが…

  8. ゴジラじゃなかった瀬波の恐竜

    ゴジラだと思っていたが、ゴジラじゃなかった。ながらく眺めていたつもりでい…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。