カモシカの足跡かも

2012年4月7日
 鷹巣キャンプ場。
まだ、積雪40㎝、出入り口は雪の壁。
それだけ今冬は豪雪だった。
 まさに一歩一歩踏み固めるように前進。
樹幹周りの雪だけがキレイに丸く溶けている。
それを見てホッとした。「春が近づいている」と。
地肌が覗いた斜面をじっくり観察するとゼンマイ、カタクリの葉、
フキノトウがちょっぴり顔を覗かせていた。
 そのまま、観察続行。やがてカモシカの糞発見。
かなり新鮮だ。そして久しぶりのカモシカの足跡。
私に気づいてこの場所を離れたのだろうか。
だとしたら申し訳ないな。ここでは人間が侵入者。
 数十年前、ここで地面をえぐってカタクリの根を探しては
食べていた大きなカモシカに出会ったことがある。
あいつかな。それともその子孫かな。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

嵐の予感

春待つカタクリ

関連記事

  1. カマキリのポートレート

    身を隠す場所なら幾らでもあるというのに、ママコノシリヌグイ?の花の下、風に揺…

  2. 深山茜(ミヤマアカネ)

    ホバリングしている姿を正面から眺めると翅の茶色い帯が空中に弧を描く。…

  3. 汗の数だけ米になる

    「汗の数だけ米粒に成るんだ」・・夏場に撮影に立ち合った農家の方が何気に発した…

  4. トラップ

    トラップに捕まったチョウトンボ。岸辺脇の藪道、僕の進む足元か…

  5. 新芽 何の木?

    2015年4月19日(日)撮影 一旦、家に戻った。家族に「どっか行くか!」と…

  6. 朝露トンボ

    サナエトンボ科の仲間だと思うが、正式な名前なんて分かりません。一応、調べて…

  7. 透かしホオズキ

    ACROS100Ⅱ Ai-Micro Nikkor 105f/4 Nikon…

  8. チョウトンボ

    的を射た名前である。蝶みたいな蜻蛉だ。忙しくない程度に翅をヒ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。