散りゆくまえに

 雨上がりの林の中、鮮やかに紅葉した葉を見つけた。
山際の斜面で、ひときわ輝いていたその葉の主の名を私は知らない。
春が来て雪解けの地面にフキノトウを見つけたり、猩々袴、イワカガミ等、
春告げ花を一喜一憂しながら撮影したまさにその足元の草木だ。
目もくれず、時には根元などを踏みにじって、歩いていたのだと思う。
 最後の最後で輝き、自らの存在を知らしめている姿に見えてきた。
 RVP100 AI Micro-Nikkor105 f/4s NikonF5  11月3日撮影

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

夢の中

夜明けの岸辺

関連記事

  1. 高貴なカキドオシ

    2016年4月下旬撮影漢字にすると『垣通し』。垣根を…

  2. ツイン蕗

    よく出掛けるお気に入りの場所ではフキノトウは終わった。「薹の…

  3. 夏のヒシクイ

     飛べず仲間とはぐれたのか、それとも、あえて遠い北へ戻らず、此所で過ごすこと…

  4. ツリガネニンジン

    花の形が「釣り鐘」で、根っこが「人参」のそれに似ているからこうした名…

  5. チューリップ畑

     ようやく雪が降り始めた。新潟市内も白く雪化粧している。あれほど“暖冬”と言…

  6. オーレンはオウレンで黄連だった

    オーレンと検索しても、どうりで「春の草花」にヒットしないわけだ。「こ…

  7. 白花かたくり

     今年も昨年と同じ場所で白花カタクリが咲いてくれた。いともあっけなく見つけた…

  8. 岩鏡

    2016年4月22日撮影 新発田市・本田 日本海側では『オオイワカガミ』が多…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。