散りゆくまえに

 雨上がりの林の中、鮮やかに紅葉した葉を見つけた。
山際の斜面で、ひときわ輝いていたその葉の主の名を私は知らない。
春が来て雪解けの地面にフキノトウを見つけたり、猩々袴、イワカガミ等、
春告げ花を一喜一憂しながら撮影したまさにその足元の草木だ。
目もくれず、時には根元などを踏みにじって、歩いていたのだと思う。
 最後の最後で輝き、自らの存在を知らしめている姿に見えてきた。
 RVP100 AI Micro-Nikkor105 f/4s NikonF5  11月3日撮影

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

夢の中

夜明けの岸辺

関連記事

  1. 大きめのフキノトウ

    2014年4月 関川村キャンプ場 大地に春の訪れを告げてくれたフキノトウ。様…

  2. ラッシュ

     今日9日は振り替え休日で早朝は福島潟へ行ってきた。予報では確実な晴れで、…

  3. ハルニレのカブトムシ

    ハルニレの樹液をむさぼるカブトムシの♂。午前9時を過ぎ…

  4. 杉木立のトラフズク

    11月23日に行われた野鳥講演会で講師の方が「トラフズクのねぐらは三方が…

  5. 紋のある白い蝶

    前回『身近な虫たちの華麗な生きかた』(ちくま文庫)をFacebook上で…

  6. 都を忘れてしまう花が咲いた

    RICOH・GRⅢx佐渡に島流しされた順徳天皇がこの花をながめ、都を忘れ…

  7. トリバガとトリバゴ

    これ、蛾。トリバガの仲間なんだそうだ。どっかで聞いた…

  8. 花畑の一本道

    胎内市・長池の森公園、チューリプ畑に隣接した菜の花。昔は国道11…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。