散りゆくまえに

 雨上がりの林の中、鮮やかに紅葉した葉を見つけた。
山際の斜面で、ひときわ輝いていたその葉の主の名を私は知らない。
春が来て雪解けの地面にフキノトウを見つけたり、猩々袴、イワカガミ等、
春告げ花を一喜一憂しながら撮影したまさにその足元の草木だ。
目もくれず、時には根元などを踏みにじって、歩いていたのだと思う。
 最後の最後で輝き、自らの存在を知らしめている姿に見えてきた。
 RVP100 AI Micro-Nikkor105 f/4s NikonF5  11月3日撮影

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

夢の中

夜明けの岸辺

関連記事

  1. 神社猫

    RICOH・GRⅡ胎内市・若宮神社の猫ちゃんです。「猫ちゃん」っ…

  2. 透かしホオズキ

    ACROS100Ⅱ Ai-Micro Nikkor 105f/4 Nikon…

  3. 白花かたくり

     今年も昨年と同じ場所で白花カタクリが咲いてくれた。いともあっけなく見つけた…

  4. 蓮の花にヨシゴイ

     久しぶりの土曜休み、明日も入れれば2連休。先週に続き「ヨッシャ~ッ」と飛び…

  5. キジ オス

    過去写真 初掲載 以前、キジのメスを掲載したが、今度はオス。メスとほぼ同じ場…

  6. みんな帰っちゃったな・・

     仲間の白鳥たちはみんな北へ帰っていった。賑やかだった湖面はすっかり静まり返…

  7. ガガブタ

    過去写真ちょうど8月のこの時期と記憶している。新潟県聖籠町に位置…

  8. 雨蛙・祈りの時間

    『梅雨待ち雨蛙』をイメージして撮影に出掛けたが、『梅雨待ち』というよりは、“…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。