散りゆくまえに

 雨上がりの林の中、鮮やかに紅葉した葉を見つけた。
山際の斜面で、ひときわ輝いていたその葉の主の名を私は知らない。
春が来て雪解けの地面にフキノトウを見つけたり、猩々袴、イワカガミ等、
春告げ花を一喜一憂しながら撮影したまさにその足元の草木だ。
目もくれず、時には根元などを踏みにじって、歩いていたのだと思う。
 最後の最後で輝き、自らの存在を知らしめている姿に見えてきた。
 RVP100 AI Micro-Nikkor105 f/4s NikonF5  11月3日撮影

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

夢の中

夜明けの岸辺

関連記事

  1. 伊達男 オシドリ

    神様は何でこんな色彩の取り合わせにしたのだろう。見れば見るほ…

  2. 縄文の里は 光のなか

    縄文人や弥生人がこうした光の中で狩猟や収穫に勤しんでいた時が遠い昔に間違…

  3. 赤玉の嘆き

    阿賀町:たきがしら湿原『赤玉』という腹が痛む時に飲む薬があるが、あれと同じ…

  4. 三光鳥

    前回に続いて、今度はメスのサンコウチョウ。やはり警戒して、辺りをウロ…

  5. 夏の夕暮れ時

    14日、夕暮れ時と言っても、まだ6時前のことですが、新発田(しばた)市の…

  6. スミレの「しぇ~っ!」

    2015年4月19日(日)撮影 前回の写真の続きです。これも滝沢での撮影です…

  7. 記憶の中の初恋ベンチ

    初恋ベンチはそのままの姿でそこにあった・・たしか、1分でいい…

  8. “観音”すみれ

    タチツボ?・・判断に迷う時は昔から、撮影した場所の地名を頭に付けて呼んで…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。