主菓子

目の覚めるような綺麗な苔で足を止めて見入ってしまった。

午前中に雨が止み午後から晴れ渡ってきたが、変わり易い天気。雲の流れが速く、陽が射してくると、辺り一面がワ~ッと明るくなり、逆に陽が雲で覆われると、一気にシュンとなって陰の底に沈みこむ。

足元の葉っぱやドングリを拾い集めて、茶会で出される主菓子を作ってみた。ドングリは見るからにクヌギみたい。葉っぱ・・・これもクヌギかな~・・?

苔はどうなんだろう?・・・よく見かけるヤツだが名前までは判らない。・・何だろう・・と図鑑で調べて見てハイゴケ・・にたどり着く・・。

葉っぱを懐紙に見立てて、そのうえにちょこんとドングリの菓子を三つ。

木洩れ日が射してきて、一気に輝き出すその瞬間を狙ってパシャッ。ドングリ菓子を懐紙ごと抹茶に浮かべたようにも見えてきた。

 RVP100 AI Micro-Nikkor 105 f/4s NikonF5 11月3日撮影

*レフ板使用(左側斜めから)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

ともしび

寂しいコハク

関連記事

  1. 根開け

    家によくやって来る野良猫がゴロゴロニャ~と鳴くようになった。今年も子作りの…

  2. ピロピロとマンサクの花

    午前中は台所で食器洗い、そして部屋の片付け、風呂の掃除。ここ…

  3. 雨雲がすだれて朱に染まる

    今朝の鳥屋野潟です。日の出が近づくにつれ、雲のエッジが際立っ…

  4. 秋風

     フィルム写真には“落とし穴”がある。その場で撮影状況を確認出来ない分だけ“…

  5. 薄化粧・鳥屋野潟

    RICOH・GRⅢ岸辺で鮒が動き出したツバメが湖面すれすれに滑空する…

  6. オレンジ潟

    前回写真の続きです。“桃色潟”から“オレンジ潟”へと切り替わりました…

  7. 街の音・鳥屋野潟

    空間を隙間無く埋め尽くす蝉の音の勢いがいきなり逸れた流れる風の向きが変わっ…

  8. 山茶花・枯れ姿

    12日早朝、近くの公園で山茶花の枯れ姿を撮影してみました。カメラを持…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。