時候雑記・カメラとか

①挿入写真は雨で濡れた撮影機材を新聞紙の上に拡げ、乾かしている図。タオルで柔らかく水滴を拭い取ったのち、扇風機で風を送ってもいる。

女房が自分のデジカメで撮影してくれた。(画面の四隅を意識して撮影したのが判わかる構図になっていた)

1日の火曜日は県外夜間パトロール明けで昼に会社から戻ってきた。

すぐ寝ればよいのに、風の強いのを承知で撮影に出掛け、雨に叩かれて、引き返してきただけだった。ご覧の作業を2時間ほどやったが、いつの間にか女房が呼んでも反応がないぐらい爆睡していたみたい。

②最近の写真は蝶がやたら多いが、それだけ目に付くからで他意はない。綺麗な朝焼けなら掲載するし、とんぼがいればそれを撮る。

綺麗な朝焼けと言えば31日はよかったですね。通勤自転車漕いでましたが。

休日が撮影日和とは限らない。11月になって、益々天候不順になってきて、そのぶんだけ、風景写真が少なくなってくる。毎年、この時期になると撮影する対象のテーマが絞り込まれず、中途半端な気持ちで過ごしてしまう。

足腰がまだ健在のうちに、やれるものはやらないときっと後悔するな。

③娘が吹奏楽部で頑張っている。クラリネットを吹いている。

自宅に持ち帰って練習するのはいいのだが、奏でる音って、やたらデカいんだな。

それでいて、小倉百人一首の競技かるたにも夢中で、部屋の中で畳をパン、パン、時にバシャッ~と叩く。クラリネットにしろ、かるたにしろ、音が出るんだな~。

響き渡る音が近所迷惑にならないよう、「夕方何時以降はするなよ」などと、諭しているが、妙に感じるほど聞き分けが良い。何か企んでるみたいだ。

・・・「スマホ、買って!」なんて言わんばいいけど。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

ひょうもんよもぎ

霜降・雨濡れとんぼ

関連記事

  1. 無くなるということ

    「無くなるということ」を考えてみた。そこに在るものが無くなる。親しい人が亡…

  2. 時候雑記-8

    ① 野鳥たちの”秋の渡り”が始まっていた。12日朝6時30分頃から8時頃まで…

  3. NikonF2フォトミック

    ① 先月、仕事で訪れた旧栃尾市内。以前見かけた“気になる看板”を探してみたら…

  4. 路地の壁

    Kodak T-MAX400 Ai-Nikkor 35f2s NikonF3…

  5. 時候雑記-3

    ① 3月下旬、ツバメを目撃してから1カ月以上経過するが何故か電線で羽根を休…

  6. 優しい気持ち

    夜中に目が覚めると、もう寝られなくなる。枕元に置いた緊急用携…

  7. ゴジラ顔

    実家近くの神社の狛犬。新年初日の朝は陽の光に満ち溢れていた。見慣れた狛犬の…

  8. ホオズキ・鬼灯

    ホオズキは漢字で鬼灯と書く。お盆の時期に仏前やお墓に備えるの…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。