冬支度

日曜日,5時福島潟着。月が西の空、低い位置にある。

放射冷却現象で湖面に川霧が立ち始めた。

日の出時刻が迫るにつれ沸き上がる霧で終いには太陽光まで遮ってしまった。

そんな中、突然の銃声。15日から周辺部でかも猟が解禁になったのだ。

霧の向こうが一斉に騒がしくなった。

「霧が濃くて、飛び立とうにも飛び立てないの」と、近くにいたレンジャー。

撮影を諦め、駐車場へ戻る途中に霧が晴れ出す。

東屋脇の作業小屋に惹かれた。

冬の訪れ前の準備だろうか竹の柱が小屋の前に束ねてある。

朝日があたり、時代を逆のぼったような情景を見ているよう。

やや、手前にピントをあわせ、少しアンダー目にして「朝のイメージ」を強調した・・・つもり。

RVP100、35㍉F値5.6 NikonF5

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

笑顔の ぼっくい君

冷え込んだ夜明け

関連記事

  1. タカアザミに姫

    垂れ下がったタカアザミの花で吸蜜中のヒメアカタテハ。公園で見…

  2. 今季一番の冷え込み、氷紋を撮る

    5時過ぎに福島潟に到着。車から出た瞬間「何、この寒さ!」さっ…

  3. 出るかぁ~どうだぁ

     まさしく、題名の通り、日の出の瞬間です(4時半ぐらいかな)。ホントはもっと…

  4. 凍吹雪

    『いてふぶき』と読む。当時の状況を思い浮かべ、この造語が良いかなと。…

  5. 鳥達の声、響き渡る福島潟

    前回訪問時(5月15日)と同じように綺麗な朝焼けでした。風は…

  6. ん?・・

     背丈の低いタカアザミの花は上を向く。背丈が低いと言うことは、滴輝く大地を背…

  7. 薄桃色の夜明け・福島潟

    RVP100 Ai-Micro Nikkor 105f/4 NikonF3 …

  8. タカアザミは何処へ

    タカアザミは下向きに花を付けるが、コイツは地上高30㎝ほどを、上を向いて咲い…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。