カナヘビだよね

阿賀町・たきがしら湿原

カナヘビ・・だよな。シッポの部分が青黒く鈍く光るニホントカゲと違うよな。

いる。いる。いっぱいいる。

コイツを見かけると子供の頃に戻ってしまう。

なんで、シッポ切ったりしたんだろう。

なんで、切れたシッポが動くんだろう。

気持ち悪いと思うより、姿を見られて懐かしくなった。

それと、とんでもなくバカでかい葉っぱも気になった。

4~50㎝程度の丸いギザギザ、肉厚で・・・ホラ、あれなんだが。

覚えているような、覚えていないような・・。

RVP100 AI Micro-Nikkor105 f/4s NikonF5 7月下旬撮影

*そのデカい葉っぱの正体・・・ヤグルマソウ・・と判明

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

薄明光線

澄まし顔のベニちゃん

関連記事

  1. 長旅終えて・・?

     長旅を無事終えて瓢湖への着水を試みようとしているのかな。翼と両足をいっぱい…

  2. 迷彩雀・ウンモンスズメ

    RVP100 Ai-Micro Nikkor 105f/4 NikonF3…

  3. オイラも撮ってケロ!

    2016年4月下旬の撮影林の中の小径、腹這いでイワカガミを撮…

  4. 炎天下のクロイトトンボ

    このトンボ、交尾中のカップルを追いかけ回し、見えなくなるほど遠くへ行っちまっ…

  5. ゴイシシジミ

    頭上の木々の葉という葉がソワソワしだすと、やがて一斉に騒ぎ出した。林…

  6. 落ち葉は何処へ流れ着くのだろう

    チョロチョロ流れる水の量が増えた。冬の間何気に目にしていた小径沿いの暗い小川…

  7. ともしび

    暗く沈んだ朽ち葉を闇夜とみるなら、赤朽ち葉はともしびか。舞い落ちた葉が闇夜…

  8. 白花

    2016年4月12日午後撮影/関川村 カタクリ、キクザキイチゲは既にその盛り…

コメント

  1. ですね。
    子供のころ自宅周辺はカナヘビしか見ませんでしたが、最近はニホントカゲのほうが多いです。
    環境が変わってきたということでしょうか?

    • たきがしらでは至るとこにいます。
      ニホントカゲらしいのは今のところ見てません。
      昔のまま、ということですかね。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。