カナヘビだよね

阿賀町・たきがしら湿原

カナヘビ・・だよな。シッポの部分が青黒く鈍く光るニホントカゲと違うよな。

いる。いる。いっぱいいる。

コイツを見かけると子供の頃に戻ってしまう。

なんで、シッポ切ったりしたんだろう。

なんで、切れたシッポが動くんだろう。

気持ち悪いと思うより、姿を見られて懐かしくなった。

それと、とんでもなくバカでかい葉っぱも気になった。

4~50㎝程度の丸いギザギザ、肉厚で・・・ホラ、あれなんだが。

覚えているような、覚えていないような・・。

RVP100 AI Micro-Nikkor105 f/4s NikonF5 7月下旬撮影

*そのデカい葉っぱの正体・・・ヤグルマソウ・・と判明

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

薄明光線

澄まし顔のベニちゃん

関連記事

  1. 朝露トンボ

    RVP100 Ai-Micro Nikkor 105f/2.8s Nikon…

  2. サンカヨウ・新潟県阿賀町

    光と戯れるサンカヨウの花

    紛れもないサンカヨウ(山荷葉)です。この花と出会うと「山の中…

  3. 高貴なカキドオシ

    2016年4月下旬撮影漢字にすると『垣通し』。垣根を…

  4. 真綿色の帽子とセーター

    ACROS100Ⅱ Ai-Micro Nikkor 105f/4 Nikon…

  5. 秋の終わりにアキノキリンソウ

    紅葉を忘れ、剥がれ落ちた木々の葉が浮かぶ池の畔は全てが枯茶。…

  6. 額紫陽花

     額紫陽花はアジサイの中でも日本原産です。当てた漢字は趣がありますね。小さな…

  7. 灰桜の猩々袴

     “袴姿で赤い顔”がショウジョウバカマ(猩々袴)の語源というらしいが“赤い顔…

  8. ゴジラじゃなかった瀬波の恐竜

    ゴジラだと思っていたが、ゴジラじゃなかった。ながらく眺めていたつもりでい…

コメント

  1. ですね。
    子供のころ自宅周辺はカナヘビしか見ませんでしたが、最近はニホントカゲのほうが多いです。
    環境が変わってきたということでしょうか?

    • たきがしらでは至るとこにいます。
      ニホントカゲらしいのは今のところ見てません。
      昔のまま、ということですかね。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。