鷹巣のカタクリの花


関川村鷹巣キャンプ場。今季2回目の訪問。

午後の2時過ぎです。本日は晴れて気温も高め。

吊り橋を渡り、道なりに進んでいくとキクザキイチゲ、荒川の土手沿いではフキノトウが共に群落を形成してました。

まさに乱れ咲き状態です。

渡る風が花びらを光らせていきます。

「ふきのとう」はちょうど親指ぐらいで食べ頃の奴ばかり。

黒い雪解け跡の地面に鮮やかな萌木色が際立ちます。

しゃがみ込むと、独特の匂いがしました。

誰も採らないのだろうか。

いや、採っても数が多いから減ったという視覚認識がないのか。

「カタクリの開花には少し時期が早いかな」と思いましたが、陽か当たる斜面では綺麗に花びらを反らしてフェロモンを振る舞っているカタクリが2,3株。

こちらもフキノトウ同様、若さがみなぎっています。

見るからに健康そうで花の紅藤色が逆光で際立ちます。

それに狙いを定めてパシャリ。フィルム1本半使用してました。

何回シャッターを切っても風によるブレが不安で、さらに枚数を重ねる「悪循環」になってしまいました。

RVP100 55ミリ NikonF5

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

四匹のネコヤナギ

落ち葉の中からフキノトウ

関連記事

  1. カキドオシ

    RVP100 Ai-Micro Nikkor 105f/2.8s Nikon…

  2. 水中から地上そして空へ

    ヤゴの羽化に立ち会った。“誕生”という神聖な時間帯、トンボになって最…

  3. 金堂の五色幕

    ACROS100Ⅱ Ai-Nikkor 35f/2s NikonF3例祭…

  4. ふるさとの海

    日本海に沈む太陽。ふるさとの海。東京に出て、白い砂浜でないの…

  5. 霜の苔 霜の葉

    どんな苔なのか判りませんが、この場所へやって来る度、気にはしていた。…

  6. イソギンチャクな岩鏡

    撮影の実際陽の光を「待ってました!」と、嬉し楽しんでいるのはイワカガ…

  7. ほんのりと赤ら顔の岩鏡

    撮影の実際山影が少しずつ消えてきて、このイワカガミにも陽があたり始め…

  8. 明るい場所

    Kodak T-MAX400 Ai-Nikkor 180f/2.8s ED …

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。