鷹巣のカタクリの花


関川村鷹巣キャンプ場。今季2回目の訪問。

午後の2時過ぎです。本日は晴れて気温も高め。

吊り橋を渡り、道なりに進んでいくとキクザキイチゲ、荒川の土手沿いではフキノトウが共に群落を形成してました。

まさに乱れ咲き状態です。

渡る風が花びらを光らせていきます。

「ふきのとう」はちょうど親指ぐらいで食べ頃の奴ばかり。

黒い雪解け跡の地面に鮮やかな萌木色が際立ちます。

しゃがみ込むと、独特の匂いがしました。

誰も採らないのだろうか。

いや、採っても数が多いから減ったという視覚認識がないのか。

「カタクリの開花には少し時期が早いかな」と思いましたが、陽か当たる斜面では綺麗に花びらを反らしてフェロモンを振る舞っているカタクリが2,3株。

こちらもフキノトウ同様、若さがみなぎっています。

見るからに健康そうで花の紅藤色が逆光で際立ちます。

それに狙いを定めてパシャリ。フィルム1本半使用してました。

何回シャッターを切っても風によるブレが不安で、さらに枚数を重ねる「悪循環」になってしまいました。

RVP100 55ミリ NikonF5

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

四匹のネコヤナギ

落ち葉の中からフキノトウ

関連記事

  1. 朝露トンボ

    RVP100 Ai-Micro Nikkor 105f/2.8s Nikon…

  2. サンカヨウ・新潟県阿賀町

    光と戯れるサンカヨウの花

    紛れもないサンカヨウ(山荷葉)です。この花と出会うと「山の中…

  3. 寄り添う春

    2016年3月下旬撮影陽気に誘われて関川村鷹巣キャンプ場にや…

  4. 真綿色の帽子とセーター

    ACROS100Ⅱ Ai-Micro Nikkor 105f/4 Nikon…

  5. 秋の終わりにアキノキリンソウ

    紅葉を忘れ、剥がれ落ちた木々の葉が浮かぶ池の畔は全てが枯茶。…

  6. 落ち葉とフキノトウ

    2014年4月(昨年です) 関川村鷹巣キャンプ場にて撮影 今年のフキノトウの…

  7. 猩々緋の猩々袴

    ほんもの”猩々緋“のショウジョウバカマ。「漢字で“猩々袴”とあてなが…

  8. ゴジラじゃなかった瀬波の恐竜

    ゴジラだと思っていたが、ゴジラじゃなかった。ながらく眺めていたつもりでい…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。