みなも輝く一本道

新潟市・鳥屋野潟

「みなも」と、読んで欲しいので「ひらがな表記」にしてみた。

「水面」と書いてしまうと、間違いなく「スイメン」と読んでしまう。

これでは、言葉の持つ言霊の響きが伝わりそうも無い。そう感じてしまう。

「みなも」と発する響きには「敬い」「優しさ」なんかが含まれているようで、心を落ち着かせる何かが伝わってきます。

それが大和言葉なんですね。

ご覧の写真はAKB総選挙が行われた日の早朝に撮影したもの。

一応、会場のスタジアム周辺をぐるりと観てきたが、暗いうちから大勢のおまわりさんやらパトカーが忙しなく動き回っておりました。

ここ上沼橋はその会場からそう遠くありませんが、のどかなもんです。

時折、南からの風が吹いては、凪いでいたみなもが揺れ動きます。

波紋が次の波紋を呼びそれが幾重にもなり、扇状に拡がり始めました。

山の端に浮かんだ薄雲に隠れていた太陽が遅ればせながら顔を覗かせた瞬間、光の帯がまっすぐにキラキラ、パラパラ、ピチピチと輝き出しました。

一本道のようにも見えてきます。

光の道です。

RVP100 AI Nikkor 180 f/2.8s ED NikonF5  6月18日 午前5時前

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

藍色・ヒメシジミ

姫は眠ったまま

関連記事

  1. 緑炎

    新潟市・鳥屋野潟公園 写真は8月13日早朝、鳥屋野潟公園、鳥見庵脇の草地で撮…

  2. すじ雲染まるビッグスワン

    すじ雲染まる鳥屋野潟。4時、上沼橋。昨夜の天気予報から少しの期待感あり…

  3. ちょっとだけよ/鳥屋野潟

    20日5時19分の鳥屋野潟(とやのがた)です。何とも言えない…

  4. 鳥屋野潟の日の出

    2015年4月19日(日)撮影 寝過ごした。福島潟へ行く予定だったが夜明け前…

  5. バルタンな顔・アブラゼミ

    結果、本日の1枚となろうか。この記事を書いている現時点で傍らにビール…

  6. 何だか嬉しいニイニイゼミ

    新潟市・鳥屋野潟公園子供の頃、セミと言えばアブラゼミで時たま…

  7. 曼珠沙華・紅い花

    RICOH・GRⅢ万曼珠沙華が咲き出した。彼岸になれば必ず姿を見せる…

  8. 泡沫の流れ b

    眠れない夜に書棚から野尻抱影の本を引っ張り出してツマミ読み。この人、英文学者…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。