みなも輝く一本道

新潟市・鳥屋野潟

「みなも」と、読んで欲しいので「ひらがな表記」にしてみた。

「水面」と書いてしまうと、間違いなく「スイメン」と読んでしまう。

これでは、言葉の持つ言霊の響きが伝わりそうも無い。そう感じてしまう。

「みなも」と発する響きには「敬い」「優しさ」なんかが含まれているようで、心を落ち着かせる何かが伝わってきます。

それが大和言葉なんですね。

ご覧の写真はAKB総選挙が行われた日の早朝に撮影したもの。

一応、会場のスタジアム周辺をぐるりと観てきたが、暗いうちから大勢のおまわりさんやらパトカーが忙しなく動き回っておりました。

ここ上沼橋はその会場からそう遠くありませんが、のどかなもんです。

時折、南からの風が吹いては、凪いでいたみなもが揺れ動きます。

波紋が次の波紋を呼びそれが幾重にもなり、扇状に拡がり始めました。

山の端に浮かんだ薄雲に隠れていた太陽が遅ればせながら顔を覗かせた瞬間、光の帯がまっすぐにキラキラ、パラパラ、ピチピチと輝き出しました。

一本道のようにも見えてきます。

光の道です。

RVP100 AI Nikkor 180 f/2.8s ED NikonF5  6月18日 午前5時前

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

藍色・ヒメシジミ

姫は眠ったまま

関連記事

  1. これもキノコ

    右がソフトボール程の大きさ。左はさらに一回り大きい。キノコの一種、ホコリタ…

  2. 露草色

    2015年8月中旬撮影 見れば見るほど、吸い込まれるほど清楚で瑞々しい青なの…

  3. 夜明け終いの頃

    26日の夜明けの始まりは風もなく湖面が染まる雲を映し出していましたが…

  4. 鳥屋野潟・ジェット

    8月4日に撮影している。風を感じました。あの台風がまだ九州の南海上にあって…

  5. パッチワーク

    「まるで、パッチワークだ」「やっと見つけた・・」落ち葉の広場…

  6. 冬の青空

    写真は大雪が去った翌13日の午前中、鳥屋野潟公園で撮影した。手前のケヤキを…

  7. ビッグスワン、強烈な朝焼け

    薄い桃色が次第に濃くなり、朱色に変わり、やがて赤味が増して、そのピー…

  8. ロウバイ

     横殴りの雪と風、そしてどんよりした雲のせいか園内は私の他、誰一人いません。…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。