蓮墓標・撮影後にカメラの中にフィルムがなかった時のショックは計り知れない


このところ、凡ミスが多い。

昨日21日夕方は田園(たんぼ)と夕焼けやお月様を“撮影”した。オイラなりに手応えを感じつつ、片付け作業したのであるが、そこで初めて気づく。カメラにフィルムが入ってない事に!

NikonF5には巻き戻しクランプが付いている。フィルムが入ってなければクランプは動かない。

それだけではない。NikonF5の裏蓋にはフィルムの有り無しを確認出来る小窓まで付いている。当然、ファインダーの中では露出メーターの脇に枚数が表示される。

なのに、全く気づかなかった。

オイラ、どうしたのよ。

あまりの不甲斐なさに、ヘナヘナと座り込んでしまった。

訳が分からず、女房に連絡を入れた。「フィルム忘れた」と。返ってきた言葉は「今、テレビいいとこなんさ ゆっくり帰って」とそれがどうした的我関せず言葉が返ってきた。

そして今日はどうだ。

・・ゴム長靴を忘れた。

朝露で濡れた草むらをちょこっとこいだだけで、もうグチョグチョ。短靴の中は小っちゃなゴマみたいなものも入り込んで、歩く度に靴の中でこすれ合い、痙り潰れ、しかもタプタプ。

掲載写真は5月15日福島潟で朝焼けを一通り撮影したのち、蓮池畑に移動し、まだ朝焼けの余韻が残る水面をパシャリとしたもの。蓮の葉の赤ちゃんが所々で姿を見せ始めた一方で、去年の名残が物言わぬ墓標のように泥沼から突き出ていました。

RVP100 AI Micro-Nikkor105 f4/s NikonF5  福島潟

[ad#co-1]

  • follow us in feedly

人も植物も愛と鞭があるから成長する・浦島草をポジで撮る

鳥達の囀り響き渡る福島潟・Ai-Nikkor180f2.8s ED

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

PAGE TOP

とみとみの新潟フォトブログをもっと見る

今すぐ購読し、続きを読んで、すべてのアーカイブにアクセスしましょう。

続きを読む