波の音しか聞こえない・鈍色の浜辺

gr3

高台に立つと波の音がよく聞こえた。一歩前に出る。風の音が混じってくる。更に前に出ると潮の匂いが鼻をくすぐる。雲が陽を遮る際は目にする全てが鈍色のベールに包まれた。

陽が乏しくなるにつれ色彩が失われていく。

やがて波や風の音がことのほか大きく響いてきた。

視覚の働きが弱まり、替わって聴覚が次第に研ぎ澄まされていく。

29日撮影

記憶記念日

29、30の両日は僕の記憶記念日になった。記憶・・だからホントは書き留めること自体がおかしなことなんだけど、もうこのことを書くこともないであろうから。

あれから今日で97日目。ひとまず区切りがついた。

これから、この社会をどう乗り切っていこうか。今日は新たな旅立ち。

  • follow us in feedly

波の音しか聞こえない・海へ

雲行きの怪しい新潟浜で流木を撮る

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

PAGE TOP