奥様は専属モデル・Ricoh GRⅢxでスナップ風に

gr3x

タイトル通りである。

僕はこのエスカレーターを利用する通行人に声掛けできない。断られるのが嫌じゃなく、そもそも見ず知らずの他人にいきなり「写真撮ってもいいですか?」と言えない性分だ。

友達や同僚らは僕のこうした内気さを信じない。

僕自身もそうである。

自分の性格上、誰よりも率先して【声掛け】が出来て当たり前だ。20代の後半で業界新聞の記者をかじった。あの頃は【行け行けドンドン】で、知らない人に声をかけまくっていた。

なんでこんなに弱気な男になっちまったんだろう。

この時期を逃したら・・撮れない!

季節の移ろいは待っていてはくれない。この写真の光は限られた季節と時間でしか見ることができない。まさに今なんだ。それで、数カットよそ様を撮影してる。

でも、撮影後に声もかけてもいない。

盗撮だ。

このままじゃ、悶々としたまま撮影の時期を逸してしまう。

奥様は専属モデル

説得した。

ちょっとだけでイイから。エスカレーターを下りて上がって・・それを数回繰り返す。ピーカンに晴れたら、しかも午後の2時前後でいい・・。俺を助けてくれ、頼む!と。

渋々応じてくれた。

さて、撮影を始めると・・

いつしか「背筋伸ばして」「今度は顔を上向きで」「下りたらそのまま上へ」「明るい気持ちで」・・女房に細かな指示を出すようになる。頭のエンジンが徐々に回転していく。

「えぇ~・・またぁ~・・何回やれば気が済むん!」女房は疲れていく。

このエスカレーターは我々の貸し切りではない。利用客がいる。

「待ってなくていいです!」「どうぞ、利用なさってください!」「妻をモデルに写真撮ってたんです」・・よそ様に気楽に接している俺の姿に「はぁ~?」と奥様の顔色が変わっていく。

いろいろありましたが、この写真は【習作】ということで。

3日・撮影

  • follow us in feedly

燃えカス椿・Ricoh GRⅢxで接写

陽のあたる場所・駅前マネキン

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

PAGE TOP