雪化粧した樹々を撮りに公園へ

gr3x

13日土曜の新潟市は午後になって雨が雪に変わった。

小さな綿帽子が弧を描きながら舞い降りていた。だが冷たい静寂は長くは続かない。薄暗い雲の向こうで雷鳴が轟くと、礫が容赦なく叩きつけてきた。

車のボンネット、地面や傘がパチパチ一斉に弾けだした。

歩いたばかりの雪の道が瞬く間に不透明になっていく。

まとまった雪

降雪を大雑把に分けてみると、今回が今季三度目のまとまった雪となる。阿賀野市の山沿いの温泉街は午前中で一面の銀世界となっていた。一方で海岸平野部では冷たい雨が降っていた。

気温がさらに下がったと判る。風も吹き出した。

樹木に付着した雪を撮りたい

娘と自宅近くのラーメン屋で五目ラーメンと餃子を食べていた。入店時は雪が降り出した頃で路面は白くなってなかった。店を出る頃に雪は本降りになっていた。

自宅に戻りカッパズボン履いて撮影場所にやって来ている。

明日になれば風で枝の雪は剥がれ落ちているだろう・・だから来たんだ。

やれる時にやる・・オイラの今年のモットーでやんす。

*写真を差し替えている

どうも当時のイメージとは違う。もっと不鮮明だった。それで元画像をソフトに仕上げてみた。ワニャワニャしてなかったからね。トロ~ンとした雰囲気が其処にはあった。

しかしだな・・近くにあるサンシュユの赤い実が上手く撮れない。何度チャレンジしても後になって見返すと、「くだらん」「ボケ」「アホ」「死ね」であるな。

だから今回も『消去』である。『消去』に匹敵するくだらなさである。

13日撮影

  • follow us in feedly

氷の中の小宇宙・気泡(2枚)

Ricoh GRⅢ+ワイコンGW-4で撮る【冬の満慶杉】

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

PAGE TOP

とみとみの新潟フォトブログをもっと見る

今すぐ購読し、続きを読んで、すべてのアーカイブにアクセスしましょう。

続きを読む