新潟東港の異景

gr3x

近くのコンテナヤードを除雪後の礫を絡めて撮影しようとカメラを身構えたら、視界に人物が入り込んだ。フェンスに隠れて車もある。僕をそれとはなしに監視してるのか?

此処では百発百中で人が出てくる。それでいて話しかけもしない。何気に様子を伺い通り過ぎていくだけ。なんなんだよ!・・「写真ですか?」って声ぐらいかけろ。

でも・・ひょっとして・・俺の思い過ごし・・ってことも有り得るかな・・

どうでもいいけど、コンテナヤードは対角線上に太陽の陽が眩しくて(その時点で太陽が見えてんだ)撮影できずに場所を移動して、この場所へ来ている。

制限区域の手前で

フェンスの網間にGRの鼻っ面を差し入れて撮影している。僕の見ているモノはなんだろう?不思議な得体の知れない物体が目の前にあるのは事実である。

僕にはなぜかシートに覆われた不可思議な物体が遺体を包むシートに見えてしまう。戦場で亡くなった兵士を包むアレと重なってしまうのだ。

背景がどんどん変わり始めた。急に暗くなって風が吹きだした。雲の中で冷たい嵐が動き出したようだ。近くに止めた車のボンネットが俄かに煩く弾けだした。霰まで降って来た。

僕の肉体が次第に硬直していくのが判るのだ(大袈裟だな)。

元旦撮影

キタァ~・・揺れるぞ!

(午後4時過ぎこの記事を書いている最中に地震発生)

初めて「ヤバい」と感じた。椅子から立ち上がりテーブルに手をついた。棚から電気スタンドが落ちた。本が飛び出した。なぜか石油ストーブは冷静に消化できた。

下に降りていくと娘がテーブルの下に潜り込んでいた。

ガスは止まった。水道の水の出は悪い。テレビは緊急放送に切り替わった。外を見ると車や歩いている人が多い。近くの高校が避難場所に指定されたせいか。津波警報が発令された。

NHKの女性アナウンサーの切迫した声が間断なく流れた。

・・・そしてとりあえず、この記事を完成させようぐらいの余裕ができた。

被害状況はまだわからない

問題は石川県輪島だ。震度7という。火災も発生してるようだ。

2024年初日に・・正月気分は吹っ飛んだ。

  • follow us in feedly

小屋の中の少女を撮りに行く・Ricoh gr3x

氷の中の小宇宙・気泡(2枚)

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

PAGE TOP

とみとみの新潟フォトブログをもっと見る

今すぐ購読し、続きを読んで、すべてのアーカイブにアクセスしましょう。

続きを読む