夜明け前・水と土の芸術祭が始まった 四六時中点いてるのLEDライト?


2015年9月下旬撮影/鳥屋野潟・上沼橋から

掲載写真は真北の方向で、遠く見える煙突は製紙会社のそれ。

湖面のLEDライトは『水と土の芸術祭2015』での作品の一部かな。

9月も下旬ともなると季節の変わり目は朝焼からやって来る。

春先に感じたあの光の色合いとソックリになるもんね。

ちょっと湿度を含んだような大気もそうだし、わたる風もそう。

RVP100  AI Nikkor 180 f/2.8s ED  NikonF5

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

火炎土器かゾンビの手か

ユズリハとヒヨドリ

関連記事

  1. アルビカラー・ビッグスワン 

    2015年9月2日(水)撮影ニコンレンズ“AiED180F2.8s ”がお…

  2. イナゴ

    2015年10月18日(日)昼頃撮影 池の畔を見回っていてイナゴと遭遇。交尾…

  3. 夜の終わり/鳥屋野潟

    依頼してから、なか一日でリバーサルフィルムの現像が出来上がった。早速…

  4. 雲のエッジが際立ってきた・鳥屋野潟がウユニ塩原に…

    この絵、25日の鳥屋野潟。雲の塊が左頭上にあって、「焼ける頃に湖面上…

  5. 草むらを抜けて眺めた鳥屋野潟にどことなく太古の息…

    三脚を体に対し水平(十字クロス)に横持ちし、葦原の中を進んでいく。モ…

  6. その名は「マサキ」

    午後、会社から戻り鳥屋野公園亀キチ清潟池に行く。「柾」の実の撮影。…

  7. 薄明・ちょっとこの光は神々しいです その場に居合…

    ねずみ色の絵の具を流し込んだような雲が全天に拡がって、「今日の朝焼けも期…

  8. ReversalFilm NikonF3 

    夜明けの炎雲

    鳥屋野潟を望む上沼橋に立つと頭の中を風がすり抜けていくようになった。…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

最近の記事

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。