独りの時間・Me time ・久々に本を買う

gr3

遠い記憶の断片を一つ一つ手繰り寄せてるような光と色

久々に本を買う

最近、立て続けに本や雑誌を買っている。

読書の秋‥生理的欲求がそうさせてるのかな。

なぜかSF小説を読みたくなった。

理由が判らない。

小松左京の『日本沈没』を3週間かけてようやく読み終わった。ゆっくり読み進み、中断するとちょっと戻って読み始める。だから、周りの人に比べると読む速さはべらぼうに遅い。

昔からこんなスタイル。

早く読もうとすれば出来なくもない。でも本流のあらすじだけ、ややもすると断片的にしか内容を理解してないのね。本流に注ぐ支流が見えてこない。肉がないのは味気ないんだわ。

僕はどうも瞬時にスパッと物事を理解する能力に欠けてるな。

BRUTUS11月号を買う(昔から一月早い「11月」表記に違和感覚える)

「どうやって写真を楽しんでる?」のキャプションに惹かれたから。

僕の写真は「観る前から想像はつくよ」と言われる。

僕は心の中では「そんなことないんだけどなぁ」と思っていたが、過去に撮ったネガとかポジとか外付けハードに保存してるデジタル画像とかを今になって眺めて、「おっしゃる通り」。

おとなしい
動きがない
型にはまってる
人物が写ってない
活力がない

外の人たちは、自身の撮影した写真をどう思ってんのかな。

気になっていた。

ちょうどいいタイミングでこの雑誌を手に入れた。

悪い癖

僕は買い物するとき、なかなか踏ん切りがつかない。

対価としての金銭を払う事に躊躇してしまう。

昼飯代になるのになぁ~
今この本買っても、ホントに読むのかなぁ~
図書館から借りればイイかなぁ~

・・・とか買う買わないの葛藤が始まるんだね。

たかが数千円で。

そして、おもむろに手にしてる本を棚に戻すんだ。

買いたいという未練を断ち切るかのように・・。

買わないのよ、1回じゃ。

家に戻り何日か過ごしてるうちに、本の事を思い出すんだ。

で、欲しくなって、そしたら本屋に行き買い求めている。

昔からこのパターン。

追伸:まだ読んでもいない! 開いてもいない!

19日撮影・自宅にて

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

ダメージ・夜明けの青・街の色

青い空と黄色い建物と「ラーメン食いてぇ~!」

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

PAGE TOP
%d