夜が割れていく

 夜が割れていく時間がやってきました。
肉眼では捉えられないような星々の流れや山の端から
天頂部にかけての色彩変化を想像しながら長時間露光。
毎度ながら、露光時間はほぼカンでいく(すぐ忘れる)。
 使用フィルムはFUJIFILM RVP100。
フィルム特性が一番強く出る時間帯でしょうか。
 28㍉ NikonF5  福島潟2015年2月7日(昨年)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

時候雑記(私のこと)

足跡

関連記事

  1. 紅露草

     昨日と違って今朝の福島潟はそれなりに赤く染まってくれました。ギャラリーはオ…

  2. 霞む二王子岳

    二王子岳を撮影した状況登山家の田中 陽希さんが番組「グレートトラバーズ2」…

  3. 冷え込んだ夜明け

     首にタオル巻いてマスクして「防寒対策ヨシ!」。「来てちょーだい」。寒くてピ…

  4. 晩秋の福島潟

    漁を終えた小舟が戻ってきたところを180ミリ望遠レンズで捉えてみまし…

  5. 凍み渉るハンノキ・ReversalFilm Ve…

    RVP100 Ai-Nikkor 24f2.8s NikonF324㍉レ…

  6. フィルムの音

    「あっ、マミヤだぁ~」と、こっち。「それは・・もしかしてニコンのF3…

  7. 青空と白鳥

      白鳥の飛ぶ姿は綺麗だが、写真にするのはオイラは苦手。若い頃、青空を背景…

  8. 夜明け・福島潟

    島崎藤村の名作『夜明け前』の書き出しを回想しつつ、次第に浮かび現れる景色を撮…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。