夜が割れていく

 夜が割れていく時間がやってきました。
肉眼では捉えられないような星々の流れや山の端から
天頂部にかけての色彩変化を想像しながら長時間露光。
毎度ながら、露光時間はほぼカンでいく(すぐ忘れる)。
 使用フィルムはFUJIFILM RVP100。
フィルム特性が一番強く出る時間帯でしょうか。
 28㍉ NikonF5  福島潟2015年2月7日(昨年)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

時候雑記(私のこと)

足跡

関連記事

  1. 霜降・雨濡れとんぼ

     現像上がりのスリーブを陽に翳してみてもピ~ンとこない。「なんだ~ぁ これ?…

  2. 寒~い福島潟

    2016年1月24日(日)撮影か? 雲間からの真っ赤な光芒を期待したが、厚い…

  3. ツバメシジミ

    この草は何処でも見かけますが、名前が分からない。図鑑で調べようにも似たような…

  4. 冷え込んだ夜明け

     首にタオル巻いてマスクして「防寒対策ヨシ!」。「来てちょーだい」。寒くてピ…

  5. 靄る福島潟・迷惑男と遭遇したの巻

    2016年3月5日(土)撮影 真夜中に目が覚めてしまいました。外に出て空を仰…

  6. 予期せぬ朝焼け・福島潟

    11月25日の福島潟、夜明けの写真です。山ぎわがこんなに明るくなってからで…

  7. 吹き溜まりで見つけたもの

    4時起きしてやって来た福島潟、待っていたのは暗闇と寂れた湖面と冷たい風。撮…

  8. 期日前投票の朝 

     本日代休。福島潟5時15分着。頭上にシリウスと双子座付近に、あれは惑星の木…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。