夜が割れていく

 夜が割れていく時間がやってきました。
肉眼では捉えられないような星々の流れや山の端から
天頂部にかけての色彩変化を想像しながら長時間露光。
毎度ながら、露光時間はほぼカンでいく(すぐ忘れる)。
 使用フィルムはFUJIFILM RVP100。
フィルム特性が一番強く出る時間帯でしょうか。
 28㍉ NikonF5  福島潟2015年2月7日(昨年)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

時候雑記(私のこと)

足跡

関連記事

  1. 青空と白鳥

      白鳥の飛ぶ姿は綺麗だが、写真にするのはオイラは苦手。若い頃、青空を背景…

  2. 冬雲

    福島潟の冬雲。晴れていたはずが冬雲が一気に押し寄せ、辺りが暗くなって、終い…

  3. 人知れず輝くカキドオシ

    撮影後に畦道を歩いていて、知らず踏みつけていたカキドオシ。目線を下に落とし…

  4. イトトンボ・最後の1枚

     最後の最後で一番良い光が入ってきて、トンボの目玉が浮かび上がった。背中の筋…

  5. 冬の暁

    気温−7℃まで下がった3日、夜明けの福島潟です。正面ゲートから歩いて…

  6. 夜明け・福島潟

    島崎藤村の名作『夜明け前』の書き出しを回想しつつ、次第に浮かび現れる景色を撮…

  7. 発射台・カノコガ

    歩を進める一足ごとに地面や草むらから沸いてくる。沸いてはせいぜい膝頭…

  8. 露に一葉/紋白蝶

    逆光の位置からエノコログサの朝露を狙っていて、出会った紋白蝶。…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。