寒~い福島潟

2016年1月24日(日)撮影か?
 雲間からの真っ赤な光芒を期待したが、
厚い雲に覆われ、知らず白んでくる朝となった。
 かなり冷え込んでいるせいか白の世界に、
これまた純白の葦原が覆い被さっている。
 RVP100 Ai-35F2s  NikonF5  福島潟

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

ヨシゴイとオニバス

時候雑記(私のこと)

関連記事

  1. 福島潟 黎明

    三日月、金星、スピカ?の撮影後も湖畔で待機。上空はいつのまにか雲が消…

  2. 蘇る記憶の光り/福島潟

    50歳になった頃から、身近な自然に関心を持つようになった気がする。…

  3. 山なみ映す福島潟

     “福島潟”と言えば誰もが思い浮かべる定番の風景。竜巻ハウスからまっすぐ岸辺…

  4. 霧の船着き場

     「船着き場」、「桟橋」・・どちらを選ぼうか迷ったが、大和言葉が使われた「船…

  5. 露の花

    泥海に倒れかからんとする朽ち葉の隙間で季節外れの蓮の花が開いた。蓮畑…

  6. 草葉の陰

     撮影日が確か9月22日祝日だったと記憶する。福島潟で凡庸な朝焼けを撮影後、…

  7. 夜明けの小舟

    夜明け前は特に好きだ。眺めるのはもちろん、読むのも好き。島崎…

  8. 北風と太陽・Rollei Retro 80S

    Rollei Retro 80S Ai-Micro Nikkor 55f2.…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。