寒~い福島潟

2016年1月24日(日)撮影か?
 雲間からの真っ赤な光芒を期待したが、
厚い雲に覆われ、知らず白んでくる朝となった。
 かなり冷え込んでいるせいか白の世界に、
これまた純白の葦原が覆い被さっている。
 RVP100 Ai-35F2s  NikonF5  福島潟

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

ヨシゴイとオニバス

時候雑記(私のこと)

関連記事

  1. 福島潟・影ごおり

    昨夜の28日は新潟駅前のホテルで会社の新年会があった。少々早…

  2. 早朝の福島潟

    “作画”していない素の福島潟の朝焼け。5月21日に撮影してま…

  3. またも、土手下のエノコログサ

    2015年10月12日(祝)早朝 撮影またも、土手下のエノコログサ。…

  4. ダイヤをまとったナンキンハゼ

     新潟では珍しいくらいの快晴になった。東京で暮らしていた頃のような真っ青な冬…

  5. 霧の中のハンノキ

    目前に湖面が迫るような位置に三脚を構えると腐った臭い。寄せる…

  6. 霜の華

    25日、早朝の福島潟。春間近なのか、雪面が所々で裂けている。『雪割れ』と呼…

  7. 秋色 枯草色

    20日の福島潟。土手を覆う草むらの中を覗いてみると、トンボや…

  8. ん?・・

     背丈の低いタカアザミの花は上を向く。背丈が低いと言うことは、滴輝く大地を背…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。