干潟のツルシギ(秋)

 秋の瓢湖に飛来したツルシギ。
北側の沼地で撮影した。まだ池が造成される前と記憶する。
ヘドロ状の沼地の中を膝まで浸かって少しずつ近づいて撮影したけど、
これはその途中のカットだったような。
 抜き足、差し足で近づく度ごとに腐った悪臭が漂い、
おまけにズボンも泥だらけになった。
 近くの小川へ服を着たまま飛び込んで洗い落したが、
その間もツルシギはその場に留まりうたた寝をはじめた。
 過去写真 初掲載    新潟県瓢湖

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

朝の空気

蒼の福島潟

関連記事

  1. 朝の空気

     写真教室で「題名も作品のひとつ」と著名な写真家が言っていた。意味は分かる。…

  2. だ~れもいない

    7日を境に一気に寒くなっちまった。急激な気温の変化に体がついていけない。…

  3. 夏の入道雲

    瓢湖の裏側から新発田市方面に広がる田園地帯での一コマ。8月に入り稲穂が…

  4. ひょうもんあざみ

    阿賀町:たきがしら湿原図鑑で『ミドリヒョウモンの♀』にたどり着いたが今ひと…

  5. 消波ブロック

    kodak t-max100 cosina voigtlander ultr…

  6. キジの横睨み

     以前に掲載したオスのキジと同じ個体だろうか。ほぼ同じ場所で見かけ,ホロ打ち…

  7. 縄を張るトンボ

    小川沿いの石に翅を乾かすかのように止まっていて、近づくと飛び上がり、その辺を…

  8. 炎天下のクロイトトンボ

    このトンボ、交尾中のカップルを追いかけ回し、見えなくなるほど遠くへ行っちまっ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。