干潟のツルシギ(秋)

 秋の瓢湖に飛来したツルシギ。
北側の沼地で撮影した。まだ池が造成される前と記憶する。
ヘドロ状の沼地の中を膝まで浸かって少しずつ近づいて撮影したけど、
これはその途中のカットだったような。
 抜き足、差し足で近づく度ごとに腐った悪臭が漂い、
おまけにズボンも泥だらけになった。
 近くの小川へ服を着たまま飛び込んで洗い落したが、
その間もツルシギはその場に留まりうたた寝をはじめた。
 過去写真 初掲載    新潟県瓢湖

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

朝の空気

蒼の福島潟

関連記事

  1. ヤマユリ

    阿賀町・たきがしら湿原半月ぶりに訪れた「たきがしら」はすっか…

  2. 野菊の露

    秋の小径を彩る花は野菊。朝の光がやんわりと満ちて、夜露に濡れたその姿…

  3. イソギンチャクな岩鏡

    撮影の実際陽の光を「待ってました!」と、嬉し楽しんでいるのはイワカガ…

  4. オシドリ夫婦

     掲載済みの『伊達男オシドリ』と同じ個体。撮影場所もピンポイントでほぼ一緒…

  5. 蓮畑のサギ

     GW真っ只中。昨年は鳥屋野公園で”春三色”を撮影した。本日、同じ場所で八重…

  6. 藪の中・ツクバネウツギ

    折り重なる枝葉の向こうにその妖精はまどろむような姿で座っています。…

  7. 秋の終わりにアキノキリンソウ

    紅葉を忘れ、剥がれ落ちた木々の葉が浮かぶ池の畔は全てが枯茶。…

  8. アズマイチゲ

     3月29日、福島潟での撮影の後、鷹巣キャンプ場へ。約1年ぶりの訪問です。年…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。