Iron Face・係留中の第18松前丸をRollei Retro80sで撮る

Rollei Retro80s Ai-Micro Nikkor105f4 NkonF3

2021年12月2日に投稿した写真と瓜二つ!違うのは撮影した日、使用したフィルムくらいか。レンズが一緒だからファインダーを覗き込んだ際に、コレね!とピンときたが、ここまで一緒とは!

あれから1年半経ってたのね。

フィルムはILford HP5+からRollei Retro80sへ。

ILford HP5+と比較する

Rollei Retro80sと比べると粒状性の違いが明らか。HP5+ はザラザラ、Retro80sはツルツル。現像液も一緒のSilversalt Dev.だからフィルムの特性がよく表れている。

改めてRollei Retro80sのきめの細かさに驚いた。

ただし被写体はこれでよかったのかな。海の工作船なら荒々しく。

この被写体にはILford HP5+が合っていたかもしれない。

ここで疑問がある。

ILford HP5+は過去に数回現像してるが、イヤな思いしかない。

粒子がザラザラだし、仕上がりが汚い。

SNS上で「このフィルムは僕の常用」「キメが細かい」なんて書かれているのを見るたびに、そんな感想持つ人がいるんだぁ~と常に驚いている。

あんなにザラザラ粒子なのに、何故?と。

僕の現像方法が手荒なせいなのか。水洗いとか最後の仕上げが雑でネガを痛めてしまっているのだろうか。ゆっくり時間をかける流水による洗浄が良いのだろうか。

いずれにせよ、HP5+は僕と相性が悪い。

1年以上前に買い求めたフィルムが冷蔵庫奥にまだ眠っている。

G7サミット

G7財務大臣・中央銀行総裁会議がきょうから3日間の日程で始まった。

会場となる朱鷺メッセやその周辺部では交通規制が行われ渋滞が発生してる。

*錨を降ろしてないから「係留」中だね

  • follow us in feedly

海岸砂漠・Spur Silversalt Dev.でRollei Retro80sを現像

2023年出勤前の朝焼け撮影を再開した・Ricoh gr3x

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

PAGE TOP

とみとみの新潟フォトブログをもっと見る

今すぐ購読し、続きを読んで、すべてのアーカイブにアクセスしましょう。

続きを読む