汐見台団地・昭和の郷愁を感じる場所・Ricoh gr3

Ricoh gr3

もともとは新潟地震で被災した方々の住宅が立ち並んでいた。老朽化に伴い新たに鉄筋4階建てアパートが建ったが、古い建物はほとんどが取り壊されずに残っている。この公園も当時のまま。

ここに立つとストンと心が抜ける。僕だけが遊び場に取り残されていた。気が付いたら周りに誰もいない。声もしない。時代を飛び越えて「僕はどうしたんだろう」と時空に悶えてしまう。

もしくは、目が覚めたら昭和の時代へ戻っていたとでも言えようか。

いずれにせよ不思議な時空に迷い込んだ気がしてならない。

近くを走っていて思いつく

海岸道路を走っていて急に思いついた。朝陽が射してる。影の部分と立体的に撮れないかってね。どれくらいだろうか半年近く来ていなかった気がする。

全く変わっていない(久々に見た印象)。

時代に取り残されたというよりは、こうした場所があってホッとした。

ランナーが一人だけ通り過ぎた。

靴音だけがヒタヒタ、カツカツ・・いつまでも続く。

それでいて建物の向こうは海なのに潮騒の音も聞こえない。

23日・早朝撮影

体調

体力が急に落ちた気がしてならない。病気なのかなーさえ感じる。昨日はこの撮影ののち実家へ。戻って、夕方の海近くの街中をカメラ片手に5㌔ほど歩いた。

やっと歩いた・・という感じだ。

背骨が痛くなる。腰もだな。

  • follow us in feedly

ヒェ~ッ!もう咲いたん?4月半ばのイワカガミ・Ricoh gr3x

朝早くシャキッとしない関屋浜でルビーを発見!・Ricoh gr3x

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

PAGE TOP

とみとみの新潟フォトブログをもっと見る

今すぐ購読し、続きを読んで、すべてのアーカイブにアクセスしましょう。

続きを読む