「収穫の秋」到来

この記事は1分で読めます

 昼過ぎ、帰宅後、たわわに実った稲穂を撮影した。
もうじき稲刈りが始まると思うと寂しさを感じてしまう。
農家の方にとっては「収穫の秋」「恵みの秋」で「寂しく感じる」
なんて直接、仕事に携わっていない者の無責任な言い方だな。
 話変わって朝、出勤前、この田んぼを何気に眺めていたら
スズメの群れの中に一羽の黄色いセキセイインコを見つけた。
飼われていたのが逃げ出したのだろうか。
絶えず移動するスズメたちの中に入り込もうとするが、溶け込めないでいる。
体型的に長時間、飛ぶのがスズメに劣るのか、
一通り飛び回ると下水処理場の樹木の中に入り込み、休憩している様子。
そうした動作を何度も繰り返していた。
そう言えば、昨年もこの時期、同じようにインコを見た。
あの時は5羽いたな。
インコもスズメと同様、お米を頂戴しに来たのかな。
55ミリレンズ、PLフィルター使用。F2.8解放で背景をぼかす。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

このサイトについて

NikonF5にFUJIFILMのRVP100詰めて、「ホントはデジタルカメラも良いんだけど」、という素振り一つ見せずアナログ道を突き進んでいる。 身近な自然をテーマにしているが、これは裏を返せば遠くへ出掛ける経済的余裕が無い事を言っているのに等しい。 そんなヘンテコ親父の撮影日記です。

アーカイブ

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。