冬枯れの福島潟

2015年12月20日(日)撮影

 夜が白んで雪を抱いた二王子岳や五頭の山肌が見えてきました。
空一面、どんよりした雲に覆われてはいましたが、
山並みはいつになく澄んで見えています。
 湖畔近くの木々にサギが一羽舞い降りて羽繕いを始めました。
画面手前に葦原、左側の空間に枝の広がりを取り入れて
背後の右肩上がりの山の端と対比させた・・つもり・・。
 RVP100 180ミリF2.8解放 NikonF5   福島潟にて

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

ロウバイとカマキリの卵

消えたカマキリの卵

関連記事

  1. 腐敗

    炎天下の岸辺はムッとする。腐った泥水が生ぬるく、ふやけた臭気が辺りに充満…

  2. 冬木立

    陽が昇って、凍てついて張りつめた大気がちょっと緩んだ感じ。地表近くで…

  3. 赤い蓋・福島潟

    そこには赤い絵の具をたくさん水に溶かし、トロトロにした雲で蓋をされた福島潟が…

  4. 笑顔の ぼっくい君

    2013年10月27日、4時前に福島潟到着。夜空に冬の大三角がクッキ…

  5. 薄桃色の夜明け・福島潟

    RVP100 Ai-Micro Nikkor 105f/4 NikonF3 …

  6. 水玉とツバメシジミ

     ピントを合わせると蝶全体が朝露に濡れているし、葉っぱは表面張力を失った水玉…

  7. 期日前投票の朝 

     本日代休。福島潟5時15分着。頭上にシリウスと双子座付近に、あれは惑星の木…

  8. サワヒヨドリにイナゴ・・かな?

     おっ、秋の七草フジバカマにイナゴ・・いいんでねぇ~池の畔、背景のハンノキが…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。