冬枯れの福島潟

2015年12月20日(日)撮影

 夜が白んで雪を抱いた二王子岳や五頭の山肌が見えてきました。
空一面、どんよりした雲に覆われてはいましたが、
山並みはいつになく澄んで見えています。
 湖畔近くの木々にサギが一羽舞い降りて羽繕いを始めました。
画面手前に葦原、左側の空間に枝の広がりを取り入れて
背後の右肩上がりの山の端と対比させた・・つもり・・。
 RVP100 180ミリF2.8解放 NikonF5   福島潟にて

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

ロウバイとカマキリの卵

消えたカマキリの卵

関連記事

  1. 秋色 枯草色

    20日の福島潟。土手を覆う草むらの中を覗いてみると、トンボや…

  2. 霧の船着き場

     「船着き場」、「桟橋」・・どちらを選ぼうか迷ったが、大和言葉が使われた「船…

  3. キチョウ

     先程からオイラの周りをふわふわ、行ったり来たり。その辺の草木に舞い降りて、…

  4. 切ないタカアザミ

    タカアザミの花は頭を垂れて咲くのが当たり前なのですが、この時は「寒く…

  5. 水草覆う福島潟

    湖面の所々にコウホネの群落が出来上がってきました。その間を埋めるようにヒシ…

  6. 夜明け待つ秋茜

    トンボ・・って縁起担ぎの虫であること知ってました?「前にしか進まない…

  7. タカアザミの終い花と蝶

    Kodak T-MAX100 Ai-Micro Nikkor 105f/4 …

  8. 福島潟・夏の想い

    新潟市・福島潟 夏の福島潟はコウホネ、ヒシなど水草が湖面を覆い尽くす勢いがあ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。