冬枯れの福島潟

2015年12月20日(日)撮影

 夜が白んで雪を抱いた二王子岳や五頭の山肌が見えてきました。
空一面、どんよりした雲に覆われてはいましたが、
山並みはいつになく澄んで見えています。
 湖畔近くの木々にサギが一羽舞い降りて羽繕いを始めました。
画面手前に葦原、左側の空間に枝の広がりを取り入れて
背後の右肩上がりの山の端と対比させた・・つもり・・。
 RVP100 180ミリF2.8解放 NikonF5   福島潟にて

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

ロウバイとカマキリの卵

鳥屋野潟公園 ロウバイの花とカマキリの卵 主役はどっち?

関連記事

  1. 凍み渉るハンノキ・ReversalFilm Ve…

    RVP100 Ai-Nikkor 24f2.8s NikonF324㍉レ…

  2. 潟の細道

    およそ330年ほど前に、かの松尾芭蕉がこの潟を渡ったという。夏の夜明…

  3. 赤い実にトンボはとまってくれない

    この時期、福島潟の湖畔を散策すると目に留まる野イバラの赤い実。その赤…

  4. 黄色い水仙と青空

    菜の花の黄色いじゅうたんが目を引くなか、岸辺にポツンな水仙を見つけた。空…

  5. アキアカネは夢の中・社長室でステテコの夢を見たワ…

    寝ている時にみる「夢」って何を表しているんだろう?その人の希望?、願望?、…

  6. シオカラトンボ

     福島潟で昨年に撮影したシオカラトンボ。まだ陽がささない早朝の時間で羽根を休…

  7. 何気な畦道

    見かけておきながら、その脇をすり抜けていたアキアカネ。撮りたいという欲求…

  8. 福島潟 いつもの木・富士がB/Wフィルムの製造販…

    富士フィルムがモノクロフィルムの製造中止を発表した。『NEOPAN1…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

最近の記事

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。