冬枯れの福島潟

2015年12月20日(日)撮影

 夜が白んで雪を抱いた二王子岳や五頭の山肌が見えてきました。
空一面、どんよりした雲に覆われてはいましたが、
山並みはいつになく澄んで見えています。
 湖畔近くの木々にサギが一羽舞い降りて羽繕いを始めました。
画面手前に葦原、左側の空間に枝の広がりを取り入れて
背後の右肩上がりの山の端と対比させた・・つもり・・。
 RVP100 180ミリF2.8解放 NikonF5   福島潟にて

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

ロウバイとカマキリの卵

消えたカマキリの卵

関連記事

  1. モンシロチョウ

    NHKの番組『全力失踪』に嵌まってしまった。設定が自分の過去とちょっこら似…

  2. 霧の福島潟

    2012年4月28日 福島潟。風なし。気温4度。防寒着を重ね着した。6時近く…

  3. 蓮・音色を重ねる

    今年の蓮は当たり。花茎はまっすぐで端正な姿だし、第一に色が良い。…

  4. タカアザミの終い花と蝶

    Kodak T-MAX100 Ai-Micro Nikkor 105f/4 …

  5. 朝露とモンシロチョウ

     言い方は悪いが台風接近時の朝焼けは条件さえ整えば異常に赤く燃える・・そう考…

  6. 葉陰蝶・キチョウ

    燃える雲を撮影後、福島潟北側へ移動し、園路を歩いてみた。あの…

  7. 朝陽沸く

    退院3日目。点滴針を刺していた右肘内側の皮膚が赤く腫れて痛い。触ると熱を帯び…

  8. 蒼い福島潟

     山際が白んで黒の世界が蒼のそれへと変化する時刻。午前4時。静寂な闇夜が明け…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。