関屋浜 冬の海岸・引き波時に遅れてシャッター切れよ 2枚組

Rollei Retro80s(ISO50) Ai-Nikkor24f2.8s  NikonF3

波が引いていく時にちょっと遅れてシャッター切るといい塩梅になるよ・・それがナニ?

よく言われていることだが、ずっとだからナニ?と思ってた。今回、だからナニ?を具現化してみようと思い立った。少々高波、適度に暗くて、それなりの泡ぶくがある・・ピッタリなタイミングだと。

三脚が波で傾く

立てた三脚が波の圧力に負けて倒れるんじゃない。刺した脚先の砂地が削れて三脚が傾くのだね。ファインダー画面いっぱいに波を取り入れようとすると、それなりに波打ち際までせり出さないといけない。

波が来るでしょ。

砂地に扇のように広がって、自分もそのど真ん中にいるくらいまでせり出さないと。

すると、三脚は傾くのだよ。

タイミングを遅らす

正直、この意味が判らんのだよ。またチャレンジだな。

1,2秒の長秒撮影でタイミングを遅らす・・なんの効果があるの?・・だ!

解せない!

引き波のどこを切り取るか

1枚目の写真は両脇から波が引いて画面の中心奥へ収束してる。寄せる波の帯も二つ偶然に収まっていた。安定感のある構図になったのだが、下の写真は左手前から右奥へ波が移動してる。

Rollei Retro80s(ISO50) Ai-Nikkor24f2.8s  NikonF3

撮影中波の動きは一応は見てるんだが、波は毎回違ってやってくる。カメラを構える位置を都度変えていくわけにはいかない。こうなっちゃうと、何を切り取りたいのか意味不明だな。

意思のある構図で取り掛からないと駄作の連発となる。

デジカメなら、ダメなら消去しちゃえばいいけど、フィルムはそうはいかない。

  • follow us in feedly

関屋浜 流砂紋・Rollei Retro80sをISO50で撮ってみた

冬の関屋浜は夏の面影を引きずったまま・Ricoh gr3&gr3x

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

PAGE TOP

とみとみの新潟フォトブログをもっと見る

今すぐ購読し、続きを読んで、すべてのアーカイブにアクセスしましょう。

続きを読む