杉木立のトラフズク

11月23日に行われた野鳥講演会で講師の方が「トラフズクのねぐらは三方が塞がれ一方が見渡せる」と言ってたのが頭に引っかかった。

それで過去の写真を探し出し、調べて見たらその通りだった。

写真だけでなく、いままで探し出したねぐらも同じ。

このところ、休日は鐘木側鳥屋野潟公園でねぐら探し。

対岸の女池側だけ・・というのは理不尽だし。

写真は旧中条町にて撮影したもの。

あまり知られていないので、上を見上げたり、地面の捜し物でもしていると不審者扱いされる。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

霧と白鳥

オシドリ夫婦

関連記事

  1. 悪い癖

     陽が傾いても、一心不乱に落穂や二番穂をついばむ白鳥達。夕陽を向こうに白鳥が…

  2. 春時雨 ・オウレンの花

    RICOH・GRⅢxこの花を撮りたかった。春花の初っぱな、マンサ…

  3. Rollei Retro 80S・侵食海岸

    Rollei Retro 80S Ai-Nikkor 24f2.8s Nik…

  4. 階段を駈ける娘、地面を突き破る筍

    RVP100 Ai-Micro Nikkor 105f/4s NikonF5…

  5. 翡翠(かわせみ)

    過去写真 初掲載過去は過去でもかなり前。NikonF5が登場…

  6. 汗の数だけ米になる

    「汗の数だけ米粒に成るんだ」・・夏場に撮影に立ち合った農家の方が何気に発した…

  7. 残り柿にツグミ

    土曜午後、ビール飲みたい気持ちを抑えて公園にやってきた。道路がやたら…

  8. 交尾中のヒメシジミ

    阿賀町・たきがしら湿原写真仲間がチラッと言っていたが、写真を撮って…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。