杉木立のトラフズク

11月23日に行われた野鳥講演会で講師の方が「トラフズクのねぐらは三方が塞がれ一方が見渡せる」と言ってたのが頭に引っかかった。

それで過去の写真を探し出し、調べて見たらその通りだった。

写真だけでなく、いままで探し出したねぐらも同じ。

このところ、休日は鐘木側鳥屋野潟公園でねぐら探し。

対岸の女池側だけ・・というのは理不尽だし。

写真は旧中条町にて撮影したもの。

あまり知られていないので、上を見上げたり、地面の捜し物でもしていると不審者扱いされる。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

霧と白鳥

オシドリ夫婦

関連記事

  1. アメリカ コハクチョウ

    年明けから一度もシャッターを押していない。休みの間は午前中の早い時間…

  2. 干し鮭

    ACROS100Ⅱ Ai-Nikkor 24f2.8s NikonF3ク…

  3. 藍色・ヒメシジミ

    阿賀町・たきがしら湿原湿原の遊歩道脇、何やら小さな蝶が舞っています。草む…

  4. 秋溜まり

    葉っぱの主はウルシの仲間? 緑の虫はツユムシ?よく分からない…

  5. 鳥居と大コブシ

    春、花が咲いたら撮ろうかな・・三度ほど下見に来てて、「ヨッシャ~、今…

  6. 水鏡

    時間がピタッと止まって、微かな音さえ聞こえない1羽のカモが水を飲もう…

  7. 意地悪なジャノメチョウ

    こんな意地悪な蝶は見たことない。みんな、根性がねじ曲がっている。私が彼らの…

  8. カタクリ

    午後の柔らかな陽を浴びて、花びらが反り返ったカタクリ。カタクリは芽が出てか…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。