遺構を求めて・袖の澤鉄橋 gr3

Ricoh gr3

東赤谷駅から赤谷鉄山駅間、加治川を跨いでいた。この区間は日鉄鉱業赤谷工業所の専用鉄道であった・・なんてなことが書かれてあるな。俺が生まれた1960年には既に鉄鉱石の採掘は終了してたから、この鉄橋も使われてなかったことになる・・・時代の流れの中でしがみつくような存在感がある。

まさに遺構そのものである。

Ricoh gr3

昨日に続いて、またまた凝りもせずやって来た。ガソリン1㍑160円超は懐が痛い・・が、雨で赤錆びた鉄橋がより一層の存在感を増していそうな気がして。趣あるんじゃないかって。

24日撮影・新発田市

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

東赤谷の連続洞門

J2アルビレックス新潟が J1昇格 を決めた翌朝の福島潟夜明け・gr3

関連記事

  1. 猩々緋の猩々袴

    ほんもの”猩々緋“のショウジョウバカマ。「漢字で“猩々袴”とあてなが…

  2. 水中から地上そして空へ

    ヤゴの羽化に立ち会った。“誕生”という神聖な時間帯、トンボになって最…

  3. 娘さんの首筋・猩猩袴

    RVP100 Ai-Micro Nikkor 105f/4 NikonF3 …

  4. ぺたんこ蛙

    朽ちた竹棒のテッペンに“伏せ蛙”がいた。縁を掴む手つきが妙に…

  5. 干潟のツルシギ(秋)

     秋の瓢湖に飛来したツルシギ。北側の沼地で撮影した。まだ池が造成される前と記…

  6. 生まれたてトンボ

    からだの色合いから羽化後間もないのだろう。ただし、判る範囲はそれくらいでどん…

  7. COLOR・色を楽しむ

    RVP100 Ai-Nikkor 180f/2.8s ED NikonF3…

  8. アズマイチゲ

     3月29日、福島潟での撮影の後、鷹巣キャンプ場へ。約1年ぶりの訪問です。年…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。