深山茜の季節がやって来た・gr3x

RICOH gr3x

この季節、もしや深山茜が見られるかも・・と、昨年のこの時分に見かけたポイントへ分け入るとやっぱりいた。猫じゃらしの草叢の上、チラホラ数匹飛んでいた。

早朝の朝露で濡れたであろう翅はあらかた乾いたと見え(午前7時をゆうにまわっていた・・)、ストレスを感じない飛び方だ。翅の縁紋の色ががまだ初々しい白。

若個体。

僕は小型の三脚、自由雲台にgr3xをセットして静かに間を詰める。近づく、しゃがむ、逃げる、しばらくイタチごっこが続いた。ようやくレンズの性能上最短近くまで寄れたのがご覧の写真。

モニター画面に写ったトンボちゃんの頭部分に指先を軽くタッチしてピントエリアを固定し、シャッターを半押し、続いて押し込む。この動作を絞り値、露出値を変えながら何度か繰り返す。

秋の気配

気温の寒暖差がでてきた。朝夕は肌寒さを感じる。

長袖着ないと・・今朝はそんな感じだ。

10日撮影・阿賀野市

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

アレま!いらしたのね・gr3x

鳥屋野潟の朝焼け RICOH・gr3

関連記事

  1. 猩々緋の猩々袴

    ほんもの”猩々緋“のショウジョウバカマ。「漢字で“猩々袴”とあてなが…

  2. 水中から地上そして空へ

    ヤゴの羽化に立ち会った。“誕生”という神聖な時間帯、トンボになって最…

  3. 娘さんの首筋・猩猩袴

    RVP100 Ai-Micro Nikkor 105f/4 NikonF3 …

  4. ぺたんこ蛙

    朽ちた竹棒のテッペンに“伏せ蛙”がいた。縁を掴む手つきが妙に…

  5. 干潟のツルシギ(秋)

     秋の瓢湖に飛来したツルシギ。北側の沼地で撮影した。まだ池が造成される前と記…

  6. 生まれたてトンボ

    からだの色合いから羽化後間もないのだろう。ただし、判る範囲はそれくらいでどん…

  7. COLOR・色を楽しむ

    RVP100 Ai-Nikkor 180f/2.8s ED NikonF3…

  8. アズマイチゲ

     3月29日、福島潟での撮影の後、鷹巣キャンプ場へ。約1年ぶりの訪問です。年…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。