場末に漂う郷愁に惹かれる駅前楽天地・Ricoh gr3x

RICOH・GRⅢx

RICOH・GRⅢx

幼なじみの友が急死して、仲間と線香上げに自宅へ伺い、帰りにそのメンバーで新潟駅前のある大衆酒場で一杯やった。あとで知ったんだが、天国へ旅立ってしまった友が同じテーブルに座っているかのような錯覚を誰もが覚えていた。

やけに楽しく酒を呑めたのはそのせいか。

まだ明るいうちに店を出てフラフラ歩いててこの界隈に迷い込んだんだ。

みんなして「なんだぁ?ここ」

突然目の前に現れて一瞬黙り込んだよ。

もう3,4年前のことだけど、今訪れてもあの時の感覚はそのまま。

不思議だ。

奇景なのか異景なのか、現実離れしてるような空間域が此処にはある。

27日撮影

  • follow us in feedly

夜明けの酒場街に酔っ払いの叫び声 逃げ込んだ先に裸電球・Ricoh gr3x

キリンの麒麟と加トちゃんペッ!と店主

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

PAGE TOP

とみとみの新潟フォトブログをもっと見る

今すぐ購読し、続きを読んで、すべてのアーカイブにアクセスしましょう。

続きを読む