桟橋跡の基礎石に浮き球を カタチの組み合わせ・RICOH GRⅢ

RICOH・GRⅢ

崩れた防潮堤?

桟橋の残骸?

そのへんはよく判りませんが、砂浜から沖合へ伸びた“回廊”みたいなの。

ロープで結ばれた浮き球が流れ着き引っかかってる。

忌み嫌われる漂流物を主役に見立てて、周りの石のカタチとか石の組み合わせ、溝の流れとか、いろいろと思考し一つの絵として作画してみました(意外や気に入ってる)。

思考した作画は好きだな。

13日・新潟市西海岸

抵抗までとは言えませんけど :mrgreen: 

RICOH・GRⅢは「スナップ向き」とか「都会の街に似合う」とか、それ、嫌だな。

田舎じゃ駄目なのかよ!

特別バージョンが登場するね、「都会のブルーアワー」をイメージしたとか。

田舎の土の匂いとか、草いきれとか・・そんなのイメージしたのは出ないのかよ。

ボディーカラーは土色、リングは若葉色、もしくは枯れ葉色の。そんでもって「デスカバー~い・な・か~!」って謳ってどんどん都会から地方に向かうのよ。

  • follow us in feedly

新潟海岸 海辺のドラム缶と散歩犬・Ricoh gr3x

陰鬱な雨空にトロピカルカラーは映えるのだ・Ricoh gr3

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

PAGE TOP

とみとみの新潟フォトブログをもっと見る

今すぐ購読し、続きを読んで、すべてのアーカイブにアクセスしましょう。

続きを読む