赤谷・連続洞門

Kodak t-max100 Ai-Nikkor 24f/2.8s+Y2 NikonF3

ただ今何かと話題の新発田市赤谷の連続洞門のひとつ。観光マップにも載ってるくらいだから、さぞや見物客が多いのだろうと思っていたが、意外にも少ない。

山奥深く登山口の起点へ向かう山屋さんは別として、この洞門や抜けた先にある錆び付いた鉄橋だけが撮影スポットだから、効率良く撮影でき滞在時間が短く済むからか。

いずれにせよ手前の信号機で赤信号で停止した際に対向してやって来た車は行きも帰りも一台しかなかった(トンネル内に進入後明らかに撮影目的で停止し、後続の車に急かされてる場面は一度目撃した)。

歩いて三脚担いで洞門内に入り込むのはためらった。だから撮影は出入り口からせいぜい2メートルほど入った辺りから。車が来そうならすぐに退散できるから。

8月28日撮影(昼前・曇り)

現像は全投稿記事下段にあるとおり

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

待合室の中でバスを待つ葛さん

浜への小径でカブトガニを見たような

関連記事

  1. 伊達男 オシドリ

    神様は何でこんな色彩の取り合わせにしたのだろう。見れば見るほ…

  2. 瘤に似せて敢えて目立たないようにしているとしか思えません。このように翅を畳…

  3. 赤玉の嘆き

    阿賀町:たきがしら湿原『赤玉』という腹が痛む時に飲む薬があるが、あれと同じ…

  4. 三光鳥

    前回に続いて、今度はメスのサンコウチョウ。やはり警戒して、辺りをウロ…

  5. 雨蛙・祈りの時間

    『梅雨待ち雨蛙』をイメージして撮影に出掛けたが、『梅雨待ち』というよ…

  6. スミレの「しぇ~っ!」

    2015年4月19日(日)撮影 前回の写真の続きです。これも滝沢での撮影です…

  7. だ~れもいない

    7日を境に一気に寒くなっちまった。急激な気温の変化に体がついていけない。…

  8. 緑葉

    いつだったか、誰だったか、本の中だったか、そのあたりの出所は忘れたが…

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

最近の記事

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。