灼熱手摺りと澄まし顔トンボ

Kodak T-max100 Ai-Nikkor 35f/2s+y2 NikonF3

「なんだ この野郎~!」
「あぁ~ン!」

僕の周りから離れないトンボがいて、だったら捕まえてやろうか、となってやってみたけど逃げやがる。それでいて又戻ってきて、近くの手摺りにとまると、今度は「バ~カめぃ」ときた。

「よぉ~し」とコチラも睨み付けてみる。

それで写真撮ったんだ。

広角レンズのギリギリ最短付近で狙った。

やっぱり此方を見てるね。

手摺りに左腕押し付けカメラ固定してるけど、この手摺り、熱がすんごい。太陽熱で内部が燃えてるんじゃないかと思うほどの熱さ。目玉焼き出来上がるかもの熱さ。かたや澄まし顔のコイツ。

「オメェはとまってて熱くねえのか?」

それでも、なんですかぁ~、なんのこっちゃ顔でコチラを見てる。

7月中旬撮影・現像データ前投稿記事に記載

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

梅雨の葉

誰もいない公園・会社⇒自宅

関連記事

  1. 音のしない鳥屋野潟

    8月中旬を過ぎ、日の出時刻が5時を過ぎた。夏至の頃に比べ、およそ40分も日…

  2. 採らずに撮った冬きのこ

    RDPⅢ Ai-Micro Nikkor 105f/4 NikonF3  1…

  3. 雨に光るホトケノザ

    新潟市・鳥屋野潟公園本日4日は目の定期検診日。極度の…

  4. 嵐の予感・鳥屋野潟

    RICOH・GRⅢ身内の許しを頂いたこと、現像時、水洗いの水温調整に目途…

  5. 菖蒲(あやめ)

    2015年5月10日(日)撮影 鳥屋野潟公園 ”流れ“の小路沿いの菖蒲(あや…

  6. ちぎれ雲 早く来い!

    日曜日、上沼橋4時10分着。最近、疲れたのか起きられなくなっ…

  7. 清めてくれた鳥屋野潟

    三脚を体に対し水平(十字クロス)に横持ちし、葦原の中を進んでいく。…

  8. 姫が踊る

    小さな女の子が服を重ね着し、着飾った姿で踊っている・・・そんな風に見えたので…

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

最近の記事

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。