球根の極み

ACROS100Ⅱ Ai-Micro Nikkor 55f/2.8s NikonF3

誰かが昨年秋に植えていたんだろうと思う。

一瞬、俺かなと思ったりもした。

チューリップの球根を20個頂いたその延長線で虚像が頭の中で動き出したのだった。

イヤイヤ俺じゃない・・。

種子が野鳥や小動物の排泄物に混じったり、体毛に付着したのが落ちて発芽するケースは普通にあるけど、これは球根だよ、人の手が介在していると考えるのが無難であろう。

凡そ咲くわけない所で真っ赤な一輪。深い理由でもあるのだろうか。

痛恨の極み

現像の最終段階、水洗いが終了し、最後にドライウエルに浸すときだった。タンクからリールを取り出して、その出来具合をチェックしよと前屈みになった瞬間、リールが手からこぼれ落ちた。台所のシンク内を転がって、ステンレス製のモジャノジャたわしにぶつかって止まった。

トゲトゲのステンレスたわし・・・リールに巻かれたフィルムの一部表面が擦れている。肉眼で薄くサッとなってるのが確認出来るほど。

最終段階でこんなヘマやるなんて。

そんなこともあって写真のタイトルを皮肉っている。

📷データ:ミクロファイン1:1 23℃ 10分 長かったかな。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

薄化粧・鳥屋野潟

バルバスバウマーク

関連記事

  1. 娘さんの首筋・猩猩袴

    RVP100 Ai-Micro Nikkor 105f/4 NikonF3 …

  2. ヒメシジミ♂

    新しいテレビが我が家にやってきた。もう37型の大きさなんてないんですね。前…

  3. 汗の数だけ米になる

    「汗の数だけ米粒に成るんだ」・・夏場に撮影に立ち合った農家の方が何気に発した…

  4. 水鏡

    時間がピタッと止まって、微かな音さえ聞こえない1羽のカモが水を飲もう…

  5. 炎天下のクロイトトンボ

    このトンボ、交尾中のカップルを追いかけ回し、見えなくなるほど遠くへ行っちまっ…

  6. ベニスズメじゃないベニスズメ

    こんな表題にしたせいで、ややこしや~。ここでお呼びでないベニ…

  7. 元日の雪・大輪寺

    ACROS100Ⅱ Ai-Nikkor 35f/2s NikonF3この…

  8. 角田山のイカリソウ

     角田山、灯台コース上で撮影。GW期間中に家族で登山。このコースは海抜0メー…

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

最近の記事

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。