コーンと石畳

ACROS100Ⅱ Ai-Nikkor 24f/2.8s NikonF3

「パイロン」と呼んでいたが(今でもそう)、それは業界内での呼び名らしく、正式には「カラーコーン」とか「ロードコーン」と言うのだそうだ。

必要になって買い求めに量販店へ行く。

陳列面積が広過ぎて、天井に吊された商品区分もあまりにも大ざっぱ。

通りすがりの店員に「パイロンは何処?」と尋ねると「カラーコーンのことですか?」と。

「ん?・・そうそう」。

因みにコーンが風で飛ばないように重りが必要なのだが、こちらの方がコーンより値段が高い。

知らなかったのでありました。

それだけのこと。

写真

りゅーとぴあ敷地なんだろうか、その辺の通路ですね。

円錐形のコーンと四角い石畳の組み合わせに着眼して撮ってますが、「それがどうした?」的な写真になってしまって、この絵を眺めていても何にも伝わってこない。

観てても感情に起伏がない。

ただフィルムがどんな発色になるのかな、コントラストはどんなだかな・・ソレを意識してカメラの露出値をかなりアンダーにしたのは確かである。

現像液のレシピ通りにやっているつもりであるが、出来上がりのネガは総じてオーバーめ。

ずっとこうなってるので、たぶん使用液の温度や時間管理がまだまだなんでしょうけど、それと攪拌とか静止も・・頭にあるのだけど、ひとまずはアンダー目で撮った。

11月初旬撮影か

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

浜風・桃崎浜

色を忘れた紅葉

関連記事

  1. 会社帰りに見た光景

    GRⅢ会社からの帰りは走ってきた道をまず振り向かない。心の中は1秒でも早…

  2. 陽の当たる自転車

    一度このアングルでカメラを構えたのですがその時は全て影の中。辺りを彷徨い…

  3. 狐につままれる

    Kodak T-MAX400 Ai-Nikkor 35f/2s NikonF…

  4. 捻れたネットにゆく夏をかさねる

    Kodak t-max100 Ai-Nikkor 24f/2.8s+Y2 N…

  5. 路地裏のラッパ猫

    昨年使用したフィルムは全部で70本。年末に2本撮っていたフィ…

  6. 日曜の朝

    Kodak T-MAX100 cosina voigtlander ultr…

  7. 路地裏

    今度こそモノクロフィルムの自家現像が出来たんだろう。風呂場に吊したロ…

  8. 敗者を偲ぶ手向け花

    GRⅢ世間で俗に言う「捨てられし者」つまり「敗者達」に傾いた陽があたって…

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

最近の記事

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。