浜風・桃崎浜

ACROS100Ⅱ Ai-Nikkor 24f/2.8s NikonF3

故郷の浜なのに地理的な位置関係があやふやだ。

村松浜、笹口浜、中村浜、桃崎浜とその場所の呼び名が今でも健在なのだが、地図で下から数えてどういう地理的配列なのか今だ自信がない。

それだけこの歳になるまで関心が無かったのだろうか。

残念であるが事実である。

だから、こうしてその地を訪ねてみると、どことなく異郷にやって来た思いがする。

僕の生まれた町の浜という親密感はこれっぽっちも感じない。

思い出を蘇らせるものでもあれば、また違った感覚に包まれるかも知れないが。

なぜなのだろう。

風のにおい

桃崎浜を歩いた。

風雪、飛び砂を防ぐ番屋の板塀が北風に震えていた。

その時感じたのが「風のにおい」。

「浜の味」とでも言おうか。

およそ日常生活の中では感じることのない浜風のにおいや味がグルグル渦を巻いていたのでありまして、ラジオの音が聞こえてきてそれが僕を現実世界に引き戻してくれたのでした。

写真

他人はともかく僕はクソがつくほどこの写真を気に入っている。

自己満足の世界である。

だから、他人がどう評価しようが「それが、なに?」。

11月8日撮影 胎内市

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

朝焼け・平成大橋から

コーンと石畳

関連記事

  1. 朝の空気

     写真教室で「題名も作品のひとつ」と著名な写真家が言っていた。意味は分かる。…

  2. 鷺の舞

    夜明けの山陰は蒼く沈んだまま。視線を足元に、雨溜を避けて歩き…

  3. 朝露

    スギナ全体が朝露に包まれていた。ここは三川村 たきがしら湿原。かつて…

  4. 邪魔!

    「俺の彼女に 手 出すんじゃねぇ~、邪魔!」と、厳つい顔して顎を持ち…

  5. 松前丸・左側面の青

    RVP100 cosina voigtlander ultron40f2sl…

  6. カタクリ終い花

    ACROS100Ⅱ Ai-Micro Nikkor 105f/2.8s Ni…

  7. ウツボ草

    花穂の姿形から武士が弓矢を入れたカゴ、つまり靫(うつぼ)に似ているこ…

  8. チョウトンボ

    アヤメなんだか菖蒲なんだかよく分かりませんが、その葉っぱ、いや茎?の根元近く…

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

最近の記事

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。