脚立の多い家・薄い影

acros100Ⅱ cosina voigtlander ultron 40f2sl2s nikonf3

曇ってた空がちょっぴり明るくなって、モノの影が出始めた。

ほんの一寸でいいから、太陽の光で影がクッキリ映り込んでくれないか・・あぁ、やっぱりダメなのね・・構えた構図のままシャッターを押したのでした。

辛うじて、影、映ってるでしょ。

この影が際立ったら面白い絵になるんだけど・・そう思ってましたね。

けれど陽の光はここまで。

だいたいは撮影時、こんなもんです。

そんでもって、その場を離れると、「バ~カ」と言わんばかりに条件が揃ってくるんだ。

やっぱり、そうだった。

こん畜生ですわ。

我慢を知らない俺に、運を恵んでくれない太陽に。

あっ、運は自分で掴むモノ(こう書いておかないと後で誰かが物申す)。

脚立のヤケに多い家でしたわ。

たぶん建具屋さんでしょうけど(やっぱ、ちがうかも)。

煙突はなんのためかな・・人、住んでるのかな。

歩くことはいいことなのか?

街歩きは楽しいね。健康にもいいし。

知り合いの体育の先生に言わせると「健康?人それぞれよ」と。

「自分でイイじゃんと感じてればいいんだよ」と。

ずいぶんとブッキラボウな言い方デスけど当たってるかもデス。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

路地裏・上古町

切淵で哲学する雨蛙

関連記事

  1. 潮の匂い・浮き球

    RICOH・GRⅡコロナの影響で家の中にいることが多くなった。街…

  2. 寂しい公園

    ACROS 100Ⅱ Ai-Nikkor 35f/2s NikonF3 5月…

  3. 捻れたネットにゆく夏をかさねる

    Kodak t-max100 Ai-Nikkor 24f/2.8s+Y2 N…

  4. 信濃川船だまり

    ACROS 100Ⅱ Ai-Nikkor 35f/2s+Y2フィルター Ni…

  5. 夏の終わり

    Kodak t-max100 Ai-Nikkor 24f/2.8s+Y2 n…

  6. 冬枯れの河川敷

    父が死んだ。昨年12月に突然倒れて、病院に緊急入院。退院後の…

  7. 福寿草

     朝のうち、視界が遮られるほどボサボサ雪が降ったが昼前には急速に回復し、青…

  8. 新潟市内で眺めた雪の花

    娘が学校に提出する『インフル治った証明書』にサインをいただくためお医…

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

最近の記事

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。