貝じゃないヤマトシジミ・スポーツ公園 自然観察池周辺にて


2015年8月30日(日)撮影

”時候雑記”を挟んだがコレも前述のヤマトシジミの写真と同じ日に撮影。

雨脚が強まって機材を撤収、何にも持たず雨の中を歩き回っていて見つけた。

急いで機材を取りに戻ったがそのままの姿勢でいてくれた。

断続的に降り始めた雨だが、しばらく待っていると明るくなった。

その時に、パシャリ(いずれ雨が弱まるのを知っていたのかな)。

黄色い花はタンポポのようだが背丈がある。なんだべさ?

ファインダーで覗くと、その黄色が強烈で露出が一気にプラス側に跳ね上がった。

「背景の緑はどうする?」と露出の決定に悩んだが1ステップオーバーを基準に前後2枚ずつ微妙に露出値を変えて撮影してみました。花の黄色が気になってね。

裏翅の黒ゴマは個体によって形が違うし、全体の色も違う。

見比べてみるとよく分かるよ。

RVP100 105㍉F4半 NikonF5

[ad#co-1]

  • follow us in feedly

NikonのフィルムスキャナーED-Vを修理に出した

ツバメは生活環境の変化を知るうえで重要なバロメーター

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

PAGE TOP

とみとみの新潟フォトブログをもっと見る

今すぐ購読し、続きを読んで、すべてのアーカイブにアクセスしましょう。

続きを読む