貝じゃないヤマトシジミ

2015年8月30日(日)撮影
 ”時候雑記”を挟んだがコレも前述のヤマトシジミの写真と同じ日に撮影。
雨脚が強まって機材を撤収、何にも持たず雨の中を歩き回っていて見つけた。
 急いで機材を取りに戻ったがそのままの姿勢でいてくれた。
断続的に降り始めた雨だが、しばらく待っていると明るくなった。
その時に、パシャリ。(いずれ雨が弱まるのを知っていたのかな)
黄色い花はタンポポのようだが背丈がある。なんだべさ?
ファインダーで覗くと、その黄色が強烈で露出が一気にプラス側に跳ね上がった。
「背景の緑はどうする?」と露出の決定に悩んだが1ステップオーバーを基準に
前後2枚ずつ微妙に露出値を変えて撮影してみました。
 裏翅の黒ゴマは個体によって形が違うし、全体の色も違う。
見比べてみるとよく分かるよ。
 RVP100 105㍉F4半 NikonF5

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

時候雑記-7

時候雑記-8

関連記事

  1. 松ぼっくり

    子供が松ぼっくりを拾い集めて、石の上に並べて遊んでいた。母親に断ってその並…

  2. 鳥屋野潟・ジェット

    8月4日に撮影している。風を感じました。あの台風がまだ九州の南海上にあって…

  3. 落ち葉のカタチ

    葉っぱのカタチ・・何に見えるかな?葉っぱの持ち主は?雪面に落ちた…

  4. 冷たい青

    雪の積もった階段を斜め上から撮ってみました。段差のエッジライ…

  5. ビッグスワン、強烈な朝焼け

    薄い桃色が次第に濃くなり、朱色に変わり、やがて赤味が増して、そのピー…

  6. 夏の名残

    蝉の抜け殻が枯れ葉と一緒に風に揺れている。夏が名残惜しそうに…

  7. 夜の終わり/鳥屋野潟

    依頼してから、なか一日でリバーサルフィルムの現像が出来上がった。早速受取に…

  8. 泡沫の“海岸線”

    岸辺近く水面に薄く張り付いた氷。波で水面が揺らいで白く輝いたり、消え…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。