貝じゃないヤマトシジミ

2015年8月30日(日)撮影
 ”時候雑記”を挟んだがコレも前述のヤマトシジミの写真と同じ日に撮影。
雨脚が強まって機材を撤収、何にも持たず雨の中を歩き回っていて見つけた。
 急いで機材を取りに戻ったがそのままの姿勢でいてくれた。
断続的に降り始めた雨だが、しばらく待っていると明るくなった。
その時に、パシャリ。(いずれ雨が弱まるのを知っていたのかな)
黄色い花はタンポポのようだが背丈がある。なんだべさ?
ファインダーで覗くと、その黄色が強烈で露出が一気にプラス側に跳ね上がった。
「背景の緑はどうする?」と露出の決定に悩んだが1ステップオーバーを基準に
前後2枚ずつ微妙に露出値を変えて撮影してみました。
 裏翅の黒ゴマは個体によって形が違うし、全体の色も違う。
見比べてみるとよく分かるよ。
 RVP100 105㍉F4半 NikonF5

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

時候雑記-7

時候雑記-8

関連記事

  1. みなも輝く一本道

    新潟市・鳥屋野潟「みなも」と、読んで欲しいので「ひらがな表記…

  2. 鳥屋野潟のコムラサキ

    17日、夜明けの鳥屋野潟を撮影しようと出掛けたが雲が厚い。諦めて、そ…

  3. 鳥屋野潟の目覚め

    今日の話晴れたり曇ったり、雨だと思っていたらいきなり雪嵐めい…

  4. 黄色い夜明け

    先ほど会社から帰ってきた。14時間は会社にいた。それでいて土日も仕事…

  5. その名は「マサキ」

    午後、会社から戻り鳥屋野公園亀キチ清潟池に行く。「柾」の実の…

  6. 紅差す鳥屋野潟

     金星が東の空低く輝いている中、闇夜が静かに割れていく。星を撮影しようと上沼…

  7. これは? わからんなぁ・・

     殻が割れて中の実が覗いている・・それとも花が萎れて枯れ果てて、萼に抱かれて…

  8. 染みる紅・鳥屋野潟

    RICOH・GRⅢ3日土曜日は東海・関東甲信で活発な梅雨前線の影響から土…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。