銀行と街路樹

断っておきますが、ココの銀行の回し者ではございません。ですから口座を開設しろとか退職金を預金しろとか、そんなこと一切ありませんから。

パァ~と明るくなったんだ。

それまでも明るかったけど、一段と明るくなった。

それで振り向いたのね。

朝陽がビル影から覗いて、街路樹の葉が一斉に透けて輝いて、その過程が美しくて、撮っても写真に写りっこないのは判っているけど、葉っぱが妙にソワソワしだした感じがしたんで、思わずパシャリと。

案の定、ナニコレ的な絵になっちゃったけど、わかる人には判る。

それはオレだけなんだけどね。

写真ですけどね、欲言えば、オートでやれば良かったかなと。

もっと光が濃くなって葉の光の透け方も強弱付いて、ビルの影なんかもっと落ち込んで、雰囲気がより出せたんじゃないかなって思って眺めてるんだ。

以下はこの写真を撮ったときの心の内。

普段から写真は全てマニュアルでやってて、一瞬躊躇したんだ。

カメラを構えて左手でレンズをクリクリさせながら右手でシャッターダイヤルを回したんだね。また左手でレンズの絞りをクリクリして自分なりの適性露出ってやらを決めちゃった。

今までのリバーサルフィルムを撮っていたときの感じで。

それでなんだが、もしもこの時にリバーサルフィルムをカメラに詰めていたなら・・のことを考えてみた・・すると、まだまだ露出不足だな・・そんな感覚を持っていたな。

でもモノクロフィルムだと、ちょっと露出オーバーかなと。

コレなんだ。

モノクロフィルムをかじりだしてからずっと感じてたんだね。

お店に出したモノクロフィルム、自分で現像したモノクロフィルム、両者とも総じて露出がオーバー気味に発色している気がしてならないんだ。

リバーサルは僕の場合は敢えてオーバー気味に露出を設定して、それが勘みたいになってるんだけど、モノクロフィルムは違うってコトなんでしょうかねぇ。

まぁ、その辺の違いは自ずと判ってくるでしょうけど、アッ判ってきたのかな。

Kodak T-MAX100 cosina voigtlander ultron 40f2sl2s nikonf3    6日撮影

*ここ2日ほど眠りが極端に浅い。起きていも頭がボ~状態だ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

陽の当たる自転車

ハイボール

関連記事

  1. 年間で80万㎥・・永久に続く浚渫作業

    新潟西港の港湾機能維持の為に信濃川上流域から運ばれてきた堆積土砂の浚…

  2. 駅前楽天地で女の匂い

    アクロス100Ⅱ Ai-Nikkor 24f/2.8s+Y2 NikonF3…

  3. もう一度 街角の麒麟

    ACROS100Ⅱ Ai-Nikkor 24f/2.8s+Y2 NikonF…

  4. 捻れたネットにゆく夏をかさねる

    Kodak t-max100 Ai-Nikkor 24f/2.8s+Y2 N…

  5. 僕を透視する浜猫

    kodak t-max100 cosina voigtlander ultr…

  6. 梅雨の合間の日本海

    突然ですが、「梅雨の晴れ間」と「梅雨の合間」、ホントはどっちが正しい表現…

  7. すべて黒尽くめの男

    その男は服、ズボン、靴、リュック、帽子、自転車、マスクまで全て黒尽く…

  8. 小春日和

    晩秋から冬にかけての暖かく晴れ上がった日のことを『小春日和』と呼ぶそ…

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

最近の記事

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。