アチラ側とコチラ側

写真は新潟市東区にある山の下みなとタワーの外階段踊り場?から東の方向を100㎜レンズで切り取った絵になりますけど、なんだかなぁ~と眺める度にモヤモヤする。

モヤモヤって言うのは写真の意図するところが見つからないせいでしょう。

僕はそれなりに考えてこんな構図にした本人だから、モヤモヤは人様が感じるその何倍もあるのだ。

あっ、人様はモヤモヤさえ感じないかも。

光の強弱もしくは平坦さとか単調さとかただ撮っただけというか、ちょっとは構図に気を使ったかな・・程度で何の動揺もなく、それで?どうした?・・で終わっちゃう。

ちょっとね、これはどうしよう・・となりますね。

撮ってたときのその気持ちと出来上がってネガを眺めたときの気持ちの差がありすぎたんだね。

かなりショックだ。

またトライしてみる。

肝心な表題の意味、書くの忘れてた。

アチラ側は住宅地。コチラ側は臨港埠頭の立ち入り制限区域。

それがなにか?・・それだけのこと。

ACROS 100Ⅱ Ai-Micro Nikkor 105f/4 NikonF3 6月14日撮影

*この記事書いている最中に千葉県で震度5弱の地震発生。

緊急速報のベル、チャイム、呼び鈴がテレビから流れてきたのでした。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

6月22日午前4時7分

轍のむこう

関連記事

  1. 福寿草

     朝のうち、視界が遮られるほどボサボサ雪が降ったが昼前には急速に回復し、青…

  2. 新川漁港

    新潟市西区新川漁港にて朝の光の中で撮影したのでした。メリハリ…

  3. 桜色の雪割草

    新潟県庁敷地内の一角に「県庁の森」と呼ばれる林がある。人口の…

  4. 小春日和

    晩秋から冬にかけての暖かく晴れ上がった日のことを『小春日和』と呼ぶそ…

  5. 婆ちゃんが畑仕事する傍らでフランスを垣間見ていた…

    婆ちゃんとの距離はおよそ20㍍。畑の畝に頭を垂れ、念仏みたいな呪文み…

  6. シュワッチな天井

    妙に寒い夜だったなぁ。静かだったし。「もしかしたら、もしかし…

  7. 坊主頭

    県立植物園の温室ドーム。此処は曲線と直線の織りなす建物が隣接…

  8. 三角タワーとクラゲ雲

    『入船みなとタワー』を袴付近から仰いだ図(5月23日撮影)。…

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

最近の記事

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。