鳥屋野潟トロリンチョ

本日、奥様の退院日。

放射冷却現象が起きる。見渡す限り霧の中。地表近くと上空部分が特に濃く真ん中だけ薄い。鳥屋野潟周辺はそれが特に顕著だったらしい。

「病院8階からの眺めは雲海を見ているようだったわ」と奥様。

「私、その時そこにいました」とは口が裂けても言えない。

4時過ぎに上沼橋へ。かなり冷え込んで寒い。

準備していると同じようにもう一人がやってきた。軽く会釈してポイント入り。

雲海のような霧が湖面上で揺らいでいる。ビッグスワンが「雲海の中の竹田城」みたいに見えた。

やがて朝焼けに染まり始めたが霧も濃さを増していく様子。

濃くなるにつれ朝焼け独特の色合いが失せていく。慌ててパシャリとやった。

スローシャッターで霧をクリーム状に表現したかったが、どうだろう。

RVP100 35ミリレンズ NikonF5

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

福島潟の朝焼け

林の中のミズバショウ

関連記事

  1. 綿雲から立ち上がった土筆に「お通し」を連想する

    3月24日、未明に雪が降った。雪は積もるも午前中には跡形もな…

  2. 鳥屋野潟/春霞

    30日も仕事である。忘年会も、新年会も我々の業界ではそんな言葉は存在しない…

  3. 紫雲

    長らく朝焼けの写真を撮ってますが、これは不思議な雲でございました。…

  4. ネコヤナギ・かぎ爪に見えるの巻

     ネコヤナギが雌雄異株だなんて初めて知ったみたい。今日までオイラにとってはど…

  5. 暁の光・鳥屋野潟

    7月の第2週に撮影してますが、いつだったかな。撮影日誌に書いてないから、心…

  6. 緑炎

    新潟市・鳥屋野潟公園 写真は8月13日早朝、鳥屋野潟公園、鳥見庵脇の草地で撮…

  7. ヒメジャノメ

    主役のヒメジャノメ(姫蛇目)には悪いが、背景のボケ具合に妙にムラムラきた。…

  8. 紅一葉

    今年は紅葉をあまり撮らなかった。なんとなく苦手なせいもある。…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。