燃える帯雲・鳥屋野潟

RICOH・GRⅡ(15/5/2020)

久々、ん・・? こんな朝焼けは久々どころじゃないですね、今季の鳥屋野潟の朝焼けの中では今のところ一番かもしれません(撮影時刻4時27分・日の出のちょこっと前)。

遠く山々の稜線に雲がたまって、それが朝焼けを邪魔している日が多かっただけに、興奮しました。

良い光景に巡り会うと嬉しさと緊張が同居する。

さてこの日の朝焼け、最初は画面左寄りが薄い桃色。

だんだんオレンジ色に変わって、いよいよ雲のエッジが立ってきた。

変化

この日、撮影終了後にオオヨシキリのダミ声を聞いた。

ユスリカが集まり始めた。

岸辺の浅瀬で鮒がジャブジャブ、産卵の時期に入ったようだ。

数日前から撮影ポイントに入る小径が草藪で覆われ始めた。道幅が広く刈られた小径が徐々に狭まって、進む度に朝露が踝から膝頭へと付着するようになった。

そろそろ長靴、カッパズボンに“衣替え”しなくちゃいけない。

シャッター音

報道現場じゃあるまいし、あの連続音はなんかならんかな。

朝焼けの始まりから終わりまで、真横でそれをやられると、じっとそのタイミングを狙っている此方としては調子が狂ってしまう。

だから撮影はいつも誰もいない場所で独り。

デジタルカメラのシャッター音って消せないのかな。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

もののけ・モミジ様に誓った一言は

残念な日常・トキワイカリソウ

関連記事

  1. 鳥屋野潟・くすむ青

    本日6月21日の朝焼けはちょっと興奮した。早めに起きていながら雲が多くて、…

  2. その名は「マサキ」

    午後、会社から戻り鳥屋野公園亀キチ清潟池に行く。「柾」の実の…

  3. モノクロフィルム

    *写真は13日早朝の鳥屋野潟。投稿済みのコンデジ写真と違って、こちら…

  4. 主菓子

    目の覚めるような綺麗な苔で足を止めて見入ってしまった。午前中…

  5. 虫との格闘のあいだの朝焼け

    今日の朝焼けもよかったけど、18日の朝焼けもクソ美しかったっス!いと…

  6. ヒメジャノメ

    主役のヒメジャノメ(姫蛇目)には悪いが、背景のボケ具合に妙にムラムラきた。…

  7. 鳥屋野潟の目覚め

    今日の話晴れたり曇ったり、雨だと思っていたらいきなり雪嵐めい…

  8. 謎の”X”

    2015年6月21日(日)撮影 午前6時、鳥屋野潟公園かめ吉田んぼ脇観察池の…

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

最近の記事

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。