撮って盗られた大岩鏡

RVP100 Ai-Micro Nikkor 105f/2.8s NikonF3

残念で仕方ありませんね。目立つ花ばかりをガバッと根こそぎ持って行かれてしまった。今年はこんなケースが実に多い。

撮っては盗られ、撮ろうとすると、もうそこにない。

情緒豊かな日本にあって貧困なる精神の一端を垣間見てしまい切ない気分になった。掘られて穴が空いたその近くにはお茶のペットボトルが捨てられてある。

どんな風に盗んでいったのか、その姿が目に浮かぶ。

毎年のことなんだが今年は特にひどい。

自分はどうだ?

コロナ、コロナで世間の目が一点に集中している間に巷では淀んだヘドロが浸食している・・と言いつつ、じゃぁオイラはどうなんだ?

自問してみた。

盗ってはいないが、靴底で踏みつぶしてないか・・地表近く根の部分を踏んでいるかも。自身の行為は歪めて解釈し、相手を攻撃しているのは誰なんだってね。

大岩鏡

ピント位置に不安を感じて、翌日に撮り直しに出掛けたが、もうソコには無かった。やはり、いや当然ですが、その時にやれるのならやるべきなんだな。

こうした総状花序の植物はどこにピントを置けばよいのだろう。

一番手前の花びらか、花芯がチラリ覗いた部分か、それとも奥の個体にするか・・悩んだ挙げ句に全部のパターンを撮影してみたんだ。

でもでも、これじゃあダメなんだぁ~。

新発田市 4月25日撮影

*写真は月岡温泉近く本田集落内の小高い林の中。もちろん自然保護区域。民家近くであっても植物泥棒の出没は後を絶たたない。地元の住人の中には「警察とかに話すと後が怖いし」と話す人もいる。トラックでやって来た数人組が綺麗な実をつける木を持ち去っていった・・という話は有名。その時の穴ぼこは数年経た現在でも痛々しく残っている。

10人と体温

ゴールデンウィーク期間中、面と向かって会話した人の数。

身内3人(妻と娘と実母)、カメラ屋2人(30代と思われる男性、20代と思われる女性)、同僚1人(たぶん40代男性)、コンビニ店員2人(同じ女性10代か)、撮影場所で出会った親子2人(30代と思われる父親、10歳に満たない女の子)。

体温36.4度(自分にしては高め)

・・こんなこと毎日メモすんのかな・・

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

潮の匂い・浮き球

カキドオシ

関連記事

  1. カジカガエル

    夕暮れ迫る五頭山麓の清流沿い、カジカガエルの鳴き声が響き渡っていまし…

  2. アズマイチゲ

     3月29日、福島潟での撮影の後、鷹巣キャンプ場へ。約1年ぶりの訪問です。年…

  3. 変なのは映っていない/キイトトンボ

    「もう少し右から狙えばピントの合う範囲が広がって、見た目がクッキリす…

  4. 静心なく 花の散るらむ

    かれこれ数十年も見続けている藪椿か。いや、「見続けている」と言うと大…

  5. 交尾中のヒメシジミ

    阿賀町・たきがしら湿原写真仲間がチラッと言っていたが、写真を撮っていると偶…

  6. 世界地図・キタテハ翅裏夏物語り

    クヌギの樹液をチュウチュウしていたはずのコムラサキが目を離した隙に忽…

  7. “隠れ帯”・子供バージョン

    コガネグモの子供が作る“隠れ帯”(白帯)と記憶している。大人になるとX JA…

  8. 白くないモンシロチョウ

    何じゃこりゃ?モンシロチョウにしては白くない。モンキチョウにしては黄色くな…

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

最近の記事

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。