夜明けの炎雲

ReversalFilm NikonF3 

鳥屋野潟を望む上沼橋に立つと頭の中を風がすり抜けていくようになった。

ス~ッ。

脳みそまるごと抜けていく感じ(おっと 沢山詰まってる感じになったな  そうじゃなく スカスカだからス~と飛んでいくんだね)。

この感覚は何だ?

毎年この時期、此処に立っていると味わう不思議な感覚。

朝焼け撮影を終えざるを得ない時期になったのだろう。

心の中ではまだまだここに居たいと願う僕に四季の移ろいが風となってそれとなく教え諭しているのだろう。

写真

台風の影響で南風が流れ込んでいる日の朝焼けは、だいたいこんな炎のような、怖いような染まりかたになるんですね(9月26日)。

遠く山の端の空は、高く熱い雲が千切れ飛んでいくようの見える。けっこうな風が吹いてんだろうな。

それと色の事、この構図で連続6枚撮って、こんな発色で残っていたのはこの1カットだけ。他はくすんだ朱色なんだ。

連続と言ってもカメラをミラーアップし、タイマーレリーズでコットン、そしてフィルムを巻き上げる・・こんなだから1カットで15秒ほどの消費時間。

ゴワ~となる時間ってこんなにも短いの?

RVP100 フォクトレンダー 40f2 SL2s NikonF3

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

夜明け終いの頃

食指動かす彼岸花

関連記事

  1. CRACK

    暦の上で『立春』を過ぎたこの時期が一番気温が下がるというけど、ホント…

  2. パッチワーク

    「まるで、パッチワークだ」「やっと見つけた・・」落ち葉の広場…

  3. 緑炎

    新潟市・鳥屋野潟公園 写真は8月13日早朝、鳥屋野潟公園、鳥見庵脇の草地で撮…

  4. 幸せの 黄色い ボンボン

    写真のお方はヤナギトラノオ。漢字で書くと『柳虎の尾』となるのだろうが、葉…

  5. カマキリの大股開き

    視線の先にはクモ。カマキリの種類?そんなこと分かりませんね。…

  6. 鳥屋野潟・梅雨の晴れ間

    梅雨の晴れ間の7月14日に撮影している。この時点で4時半をまわって、日の出…

  7. 鳥屋野潟・梅雨日の出

    写真は13日の鳥屋野潟の夜明けというか朝ですね。SNSで投稿したデジ…

  8. 「夏越し」の夜明け・鳥屋野潟

    6月30日、1年の半分に当たる夜明けはこんな感じだった。年中行事の一…

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

最近の記事

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。