夜明けの炎雲

ReversalFilm NikonF3 

鳥屋野潟を望む上沼橋に立つと頭の中を風がすり抜けていくようになった。

ス~ッ。

脳みそまるごと抜けていく感じ(おっと 沢山詰まってる感じになったな  そうじゃなく スカスカだからス~と飛んでいくんだね)。

この感覚は何だ?

毎年この時期、此処に立っていると味わう不思議な感覚。

朝焼け撮影を終えざるを得ない時期になったのだろう。

心の中ではまだまだここに居たいと願う僕に四季の移ろいが風となってそれとなく教え諭しているのだろう。

写真

台風の影響で南風が流れ込んでいる日の朝焼けは、だいたいこんな炎のような、怖いような染まりかたになるんですね(9月26日)。

遠く山の端の空は、高く熱い雲が千切れ飛んでいくようの見える。けっこうな風が吹いてんだろうな。

それと色の事、この構図で連続6枚撮って、こんな発色で残っていたのはこの1カットだけ。他はくすんだ朱色なんだ。

連続と言ってもカメラをミラーアップし、タイマーレリーズでコットン、そしてフィルムを巻き上げる・・こんなだから1カットで15秒ほどの消費時間。

ゴワ~となる時間ってこんなにも短いの?

RVP100 フォクトレンダー 40f2 SL2s NikonF3

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

夜明け終いの頃

食指動かす彼岸花

関連記事

  1. 5日の夜明けと娘の願い

    あんまり口を聞いてくれない娘が「コンクール来てもいいよ」と話しかけてきた。…

  2. 採らずに撮った冬きのこ

    RDPⅢ Ai-Micro Nikkor 105f/4 NikonF3  1…

  3. 全滅

    インフルA型に感染し、床に伏しておりました。生産的戦闘能力なんてあってたま…

  4. 夜明け色・鳥屋野潟

    この夜明けの色をどう表現したら良いのでしょう。小さいながらもインパクトあ…

  5. ヒメアカタテハの日光浴

    2015年11月22日(日)撮影 小春日和である。風も無く、陽射しは暖か。…

  6. 龍神雲

     ビッグスワンの紅白バージョンライトアップは外壁だけで、スタジアム内部の照明…

  7. 赤と黒の鳥屋野潟

     藪の中で人影が動いているとなると間違いなく不審者扱いされる。4時前、出来る…

  8. 燃えない鳥屋野潟、追いつかない頭

    最近、朝は燃えないどころか曇っていて、知らずに白んでいるケースが多い…

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

最近の記事

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。