清めてくれた鳥屋野潟

三脚を体に対し水平(十字クロス)に横持ちし、葦原の中を進んでいく。

モグラみたいな感じ。

進む葦の穂先が盛り上がっていく。

こちらは頭を垂れたまま。

真っ正面を向くと葉っぱがメガネにもろにぶつかり、その水滴と濡れ膜のせいで進む歩先が見え辛くなるんだ。

そうした中で迎えた朝焼けは体の隅々まで浄化してくれた。

無言になる。

食い入るように見つめる。

すると、くだらないかもしれませんが笑いたくなるんですね。

いろんなことに細々、ああでもないと目くじら立てていた自分がおかしくて。

RICOH・GR2   鳥屋野潟 21日

鶴岡・村上沖地震

(地震の正式名称が分からないからこんなクレジットにした)

海岸近くに住んでいる同僚の数名が避難勧告にしたがい、新潟大学付近や内野小学校体育館へと避難した。

前者は近くのコンビニ駐車場や路肩は逃げてきた車で埋まったという。後者では逃げてきたのはいいが「ペットは連れて中へは入れません」ということで子イヌやらを抱えた人達が出入り口にたむろした。

突然のことで何処も色々と混乱したらしい。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

鳥屋野潟・梅雨日の出

モノクロフィルム

関連記事

  1. 雨上がりの鳥屋野潟

    福島潟へ向かう途中に雨。行き先変更で上沼橋からの鳥屋野潟を撮ることにした。「…

  2. “出勤前の朝焼け撮影”今季最終コマ

    本題に入る前にちょっとした話です。知り合いが韓国滞在中にスマ…

  3. 赤い太陽

    2015年5月29日(金)撮影赤い太陽を撮影しても、うまくい…

  4. おどろおどろしい朝焼け

    2015年8月25日(火)撮影台風の影響の出始めと終わりは天…

  5. 久々の2連休はこんな朝から始まった

    道路脇に捨てられたゴミ、「そのままほっといていいのかな?」なんて考えてしまっ…

  6. 湖上の白鳥

    寒波の襲来で15日早朝は鳥屋野潟が凍り付いていました。園内で雪面の陰影を撮…

  7. 着ている服までオレンジ色・鳥屋野潟

    写真はリバーサルフィルムで撮影した11日の鳥屋野潟。既に投稿…

  8. 夏の名残

    蝉の抜け殻が枯れ葉と一緒に風に揺れている。夏が名残惜しそうに…

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

最近の記事

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。