ニシシギとカメムシ?

園内を歩いてすぐに色づいたニシキギにカメムシが多数とまっているのを発見。

森敦の小説「月山」で近づく冬の訪れを前に、

カメムシの大群か境内に押し寄せてくる部分がある。それを思い出す。

カメムシは真っ黒でつやっぽい。

背中の部分は黄色だ。葉の赤、カメムシの黒と黄色。

あとは背景が秋の雰囲気が感じられる所と探したが、見つからず。

100ミリマクロF4解放で。

こちらの公園は狭いせいか行き交う人々が多い。

それも互いに挨拶し言葉を交わしている。常連客が多いのかな。

それと、撮影していると何かと声を掛けてくる。

中には撮影している私の姿を「撮らせてください」と

パチリとやっていく人もいる。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

コスモス、おまえに決めた

ニコンD4sが欲しい

関連記事

  1. 龍神雲

     ビッグスワンの紅白バージョンライトアップは外壁だけで、スタジアム内部の照明…

  2. 銀鼠・ウラギンシジミ

     遠くからその存在を認めつつも、ガムの包み紙と思っていた。近づいて、それが生…

  3. 冷たい青

    雪の積もった階段を斜め上から撮ってみました。段差のエッジライ…

  4. 黄色い夜明け

    先ほど会社から帰ってきた。14時間は会社にいた。それでいて土日も仕事…

  5. ハラビロカマキリ

     たぶん、きっと、ハラビロカマキリだろう。黄緑色で胴がデップリしているし、よ…

  6. ネコヤナギ・かぎ爪に見えるの巻

     ネコヤナギが雌雄異株だなんて初めて知ったみたい。今日までオイラにとってはど…

  7. 泡沫の流れ b

    眠れない夜に書棚から野尻抱影の本を引っ張り出してツマミ読み。この人、英文学者…

  8. パジャマにカッパ姿で眺めた日の出

    RICOH GRⅢ文字どおりですわ。起きたままの格好では恥ずかしいし…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。