ニシシギとカメムシ?

園内を歩いてすぐに色づいたニシキギにカメムシが多数とまっているのを発見。

森敦の小説「月山」で近づく冬の訪れを前に、

カメムシの大群か境内に押し寄せてくる部分がある。それを思い出す。

カメムシは真っ黒でつやっぽい。

背中の部分は黄色だ。葉の赤、カメムシの黒と黄色。

あとは背景が秋の雰囲気が感じられる所と探したが、見つからず。

100ミリマクロF4解放で。

こちらの公園は狭いせいか行き交う人々が多い。

それも互いに挨拶し言葉を交わしている。常連客が多いのかな。

それと、撮影していると何かと声を掛けてくる。

中には撮影している私の姿を「撮らせてください」と

パチリとやっていく人もいる。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

コスモス、おまえに決めた

ニコンD4sが欲しい

関連記事

  1. 抜け殻に想う

    昨年夏の終わり頃から気になっていて、何度も様子見してました。…

  2. 寒雨

     最初に断っておくけど、作ってはいないからね。掲載前に女房殿が脇から覗き込ん…

  3. 銀杏と銀杏

    ややこしや~「イチョウとギンナン」とキーボードを叩いたら『銀杏と銀杏』と表…

  4. 半夏生(はんげしょう)

    2015年7月5日(日)撮影。”半夏生”・・美しい名前です。…

  5. 雨雲

    ずっと遠く、山の稜線上で堰き止められた雨雲がだんだん折り重なって、地上と天井…

  6. 泡沫の流れ b

    眠れない夜に書棚から野尻抱影の本を引っ張り出してツマミ読み。この人、英文学者…

  7. 赤い実とカマキリの卵

    2015年11月23日(祝)撮影 いつの間にか秋が終わっていたんだな。野…

  8. みんな霧のなか

    冬場は夕食時、鍋になる時が実に多い。昨日は“豚だし鍋”だった…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。