ニシシギとカメムシ?

園内を歩いてすぐに色づいたニシキギにカメムシが多数とまっているのを発見。

森敦の小説「月山」で近づく冬の訪れを前に、

カメムシの大群か境内に押し寄せてくる部分がある。それを思い出す。

カメムシは真っ黒でつやっぽい。

背中の部分は黄色だ。葉の赤、カメムシの黒と黄色。

あとは背景が秋の雰囲気が感じられる所と探したが、見つからず。

100ミリマクロF4解放で。

こちらの公園は狭いせいか行き交う人々が多い。

それも互いに挨拶し言葉を交わしている。常連客が多いのかな。

それと、撮影していると何かと声を掛けてくる。

中には撮影している私の姿を「撮らせてください」と

パチリとやっていく人もいる。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

コスモス、おまえに決めた

ニコンD4sが欲しい

関連記事

  1. 雪崩れるビッグスワン

     起きたら白くなっている。出勤が大変と感じるよりも、なぜか嬉しい。たぶんすぐ…

  2. 燃える鳥屋野潟

    写真は10月3日月曜の鳥屋野潟の朝焼けを撮ったもの。4月中旬から再開…

  3. 燃える水面

    今朝の鳥屋野潟は戸惑いましたぁ~。地上近くに雲の帯が真北から東にかけ、…

  4. みなも輝く一本道

    新潟市・鳥屋野潟「みなも」と、読んで欲しいので「ひらがな表記…

  5. 鳥屋野潟は朱色潟

    鳥屋野潟が日の出直前に見せてくれた朱色に染まる湖面です。5月17日午…

  6. モンシロチョウ

    2015年10月12日(祝)撮影雲行きが怪しくなって、風が出てきた。…

  7. 湖上の白鳥

    寒波の襲来で15日早朝は鳥屋野潟が凍り付いていました。園内で雪面の陰影を撮…

  8. 木洩れ日とモゾモゾ

    頭上の木々の葉という葉、至る所にセミの抜け殻がぶら下がっている。1枚の葉に4…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。